大きく
小さく

文字サイズ:

1997年イベント日程

1997年(第8回)福岡アジア文化賞授賞式

開催日時
1997年9月25日(木)14:30~16:00
会場
アクロス福岡シンフォニーホール
参加者
約800名

1997年(第8回)福岡アジア文化賞授賞式は、在日アジア各国大使御夫妻、留学生、学術・教育・芸術・文化関係者及び市民等約800名の参加を得て開催された。

式典では、選考経過報告の後、主催者による賞の贈呈が行われ、受賞者の生い立ちや素顔、研究・芸術活動の一端を写真スライドで紹介し、受賞者の業績を讃えた。

各受賞者は、その挨拶の中で受賞の喜びや、福岡市及び福岡アジア文化賞へのメッセージ、アジアに対する思いなどを語った。

また、来賓による祝辞が述べられ、大賞受賞者チェン・ポン氏(カンボジア)の同行公演団によってカンボジアの影絵芝居「リムケー」、古典舞踊「アプサラ・ダンス」及び伝統民俗舞踊「ココナッツ・ダンス」が披露された。

市民フォーラム

チェン・ポン氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
クメールの微笑み
開催日時
9月28日(日)15:00~18:30
会場
イムズホール
パネリスト
石澤 良昭 (上智大学外国語学部長)
コーディネーター
小倉 貞夫 (都留文科大学文学部教授)

チェン・ポン氏はカンボジアを代表する劇作家であり、また古典芸術研究の教授である。同時に脚本家・演出家・喜劇役者も兼ね、伝統文化再活性化の主唱者でもある、チェン・ポン氏による市民フォーラムが9月28日、イムズホールで行われた。

ロミラ・ターパル氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
変わりゆくインド・変わらざるインド
開催日時
9月27日(土)13:00~15:30
会場
福岡市役所15階講堂
パネリスト
辛島 昇 (大正大学文学部教授)
コーディネーター
應地 利明 (京都大学東南アジア研究センター教授)

現代アジアを代表する歴史学者、ロミラ・ターパル氏による市民フォーラムが9月27日、福岡市役所15階講堂で行われた。

樋口 隆康氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
パルミラから鴻臚館へ~シルクロードの風~
開催日時
9月26日(金)13:30~16:30
会場
アクロス福岡イベントホール
パネリスト
泉 拓良 (奈良大学文学部教授)
パネリスト
宮下 佐江子 (古代オリエント博物館研究員)
コーディネーター
西谷 正 (九州大学文学部教授)

シルクロード・中国・古代日中交流史などの考古学的研究において、現代日本を代表する数少ない国際派考古学者の一人、樋口隆康氏による市民フォーラムが9月26日、アクロス福岡で行われた。

林 権 澤(イム・グォンテク)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
アジアの表現が世界を変える
開催日時
9月27日(土)13:50~17:00
会場
福岡市総合図書館映像ホール(シネラ)
対談者
小栗 康平 (映画監督)

今日の韓国映画を代表する監督であり、アジア映画界の巨匠たちの一人、林権澤氏による市民フォーラムが9月27日、福岡市総合図書館映像ホール(シネラ)で行われた。