大きく
小さく

文字サイズ:

1998年イベント日程

1998年(第9回)福岡アジア文化賞授賞式

開催日時
1998年9月25日(金)14:30~16:00
会場
アクロス福岡シンフォニーホール
参加者
約1,000名

1998年(第9回)福岡アジア文化賞授賞式は、在日アジア各国大使御夫妻をはじめ、留学生、学術・教育・芸術・文化関係者及び市民などを含め、約1,000名の参加を得て、九州交響楽団による演奏の中、厳かにスタートした。

ステージでは、今回の受賞者のプロフィールや受賞にいたったこれまでの研究・芸術活動の一端をスライドで紹介し、その業績を讃えた。主催者挨拶、来賓による祝辞、選考経過報告と続き、主催者により賞の贈呈が行われた。4名の受賞者は受賞後のスピーチで喜びを表し、福岡市民や福岡アジア文化賞に対するメッセージなどを語った。
 
特別講演として、芸術・文化賞を受賞されたR.M.スダルソノ氏の同行公演団により、インドネシア宮廷舞踊「スリンピ・パンデロリ」が披露され、式典に華やかさを添えた。

市民フォーラム

李 基 文(イ・キムン)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
韓国語-その歴史と広がり
開催日時
9月27日(日)15:30~18:00
会場
イムズホール
パネリスト
梅田 博之 (麗澤大学大学院言語教育研究科長)
パネリスト
藤本 幸夫 (富山大学人文学部教授)
コーディネーター
田尻 英三 (龍谷大学経済学部教授)

韓国語研究の国際的な権威である、李基文氏による市民フォーラムが9月27日、イムズホールで行われた。

スタンレー・ジェヤラジャ・タンバイア氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
南アジア、東南アジアにおける・宗教・国家・社会
開催日時
9月27日(日)13:00~15:30
会場
福岡市役所15階講堂
パネリスト
石井  米雄 (神田外語大学学長)
コーディネーター
立本  成文 (京都大学東南アジア研究センター所長)

世界第一級の人類学者・アジア研究者、スタンレー J. タンバイア氏による市民フォーラムが9月27日、福岡市役所15階講堂で行われた。

上田 正昭氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
黒塚・キトラ古墳と東アジア
開催日時
9月26日(土)13:00~16:00
会場
福岡市役所15階講堂
パネリスト
宮原  晋一 (奈良県立橿原考古学研究所主任研究員)
パネリスト
猪熊 兼勝 (京都橘女子大学文学部教授)
コーディネーター
西谷  正 (九州大学文学部教授)

日本古代史を東アジア世界の歴史の動向と連動させて解明した、日本を代表する数少ない歴史学者の一人、上田正昭氏による市民フォーラムが9月26日、福岡市役所15階講堂で行われた。

R.M.スダルソノ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
ジャワ・ガムランと舞踊の精華
開催日時
9月28日(月)14:30~16:00 18:00~19:30
会場
エルガーラ大ホール
解説
藤井 知昭 (中部高等学術研究所副所長)
舞踊
スリンピ・パンデロリ、クロノ・トペン、ジャイポンガン「アドゥ・マニス」
 
グレモ、アルジュノ対チャキル、ジャラン・ゴヤン 他2名
演奏
アユン・アユン、パンクル 他9名
歌手
1名

インドネシアを代表する舞踊家であるとともに、欧米における学問的視点に基づくアジア芸術研究の新たな時代を切り拓いた研究者、R.M.スダルソノ氏による市民フォーラムが9月28日、エルガーラ大ホールで行われた。