大きく
小さく

文字サイズ:

2007年イベント日程

2007年(第18回)福岡アジア文化賞授賞式

開催日時
2007年9月13日(木)/18:00~19:40
会場
アクロス福岡シンフォニーホール
司会
アグネス・チャン
参加者
1,100人

秋篠宮同妃両殿下の御臨席を賜り、多くの市民や留学生、文化関係者など1,100人が見守る中、アグネス・チャンさんの司会で進行されました。

式典の冒頭で秋篠宮殿下より「福岡アジア文化賞は、アジアの文化の保存と創造に対して貢献することを目的として大変意義深く、本日受賞される4人の方々に、心からお祝いを申し上げたく思います。皆様の優れた業績は、アジアの文化に対する貢献であることにとどまらず、人類社会全体の文化を豊かにするものであり、世界に対しての貴重な発信であります。」と受賞者を讃えるお言葉を述べられました。

その後、福岡インターナショナルスクールの子供達から花束贈呈が行われた。

市民フォーラム

アシシュ・ナンディ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
日本または世界、さらには未来へのメッセージ
開催日時
2007年9月15日(土)/13:00~15:00
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
コーディネーター
応地利明(立命館大学教授)
パネリスト
芳賀芳子(子どもの性と命の教育コミッティ代表)

インドに関わる国際協力NGOを交えてのパネルディスカッションが行われ、300席の会場がほぼ埋まる盛況ぶり。会場からも活発な意見が相次ぎました。

シーサック・ワンリポードム氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
今、蘇る-タイの古代都市と人々の息吹
開催日時
2007年9月15日(土)/16:00~18:00
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
パネリスト
石井米雄(京都大学名誉教授、第5回福岡アジア文化賞受賞者)
パネリスト
伊東利勝氏(愛知大学教授)
コーディネーター
新田栄治氏(鹿児島大学教授)

ふたりの碩学に、気鋭の研究者を交えてのシンポジウム。豊富な写真や地図が物語る遺跡のありさまに、約240名の参加者の思いは古代文明の世界に飛びました。

朱 銘(ジュウ・ミン)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
藝術とはすなわち修行である
開催日時
2007年9月16日(日)/13:30~15:30
会場
福岡アジア美術館
解説
安長幸一(福岡アジア美術館顧問)

特別展示「朱銘展」開催中の福岡アジア美術館で、台湾から運んだ自作を前に「藝術とは修行である」と朱銘芸術の精髄を語る朱銘氏。今回持ってこれなかった作品は数十枚のスライドで紹介。年齢を感じさせない氏の創造意欲について、立ち見も含め120名余りが詰めかけた会場からは次々に質問の手が上がった。

金 徳 洙(キム・ドクス)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
躍動する音とリズムの世界
開催日時
2007年9月16日(日)/16:30~18:00
会場
イムズホール
解説
藤井 知昭(国際文化研究所所長)

韓国を代表する伝統芸能家、金徳洙氏による市民フォーラムが9月16日、イムズホールで行われた。