大きく
小さく

文字サイズ:

2008年イベント日程

2008年(第19回)福岡アジア文化賞授賞式

開催日時
2008年9月10日(水)/18:00~19:40(途中休憩あり)
会場
アクロス福岡シンフォニーホール
司会
アグネス・チャン
参加者
1,100人

秋篠宮同妃両殿下の御臨席を賜り、多くの市民や留学生、文化関係者など1,100名が見守る中、アグネス・チャンさんの司会で、式典が進行しました。

第1部では、映像で受賞者の業績を紹介した後、会場から盛大な拍手に迎えられ受賞者が入場。主催者挨拶、秋篠宮殿下のお言葉、選考経過報告が行われ、各受賞者に賞状とメダルが贈呈されました。続いて各受賞者がスピーチを行い、受賞の喜びやアジアの文化に対する思い、市民へのメッセージなどを語りました。最後に、福岡インターナショナルスクールの生徒たちから花束が手渡され、会場は再び大きな拍手につつまれました。また、エスコート役として、筑紫女学園大学アジア文化学科の学生たちが和服姿で式典に華を添えました。

第2部では、和やかな雰囲気の中で4人の受賞者とアグネス・チャンさんとの対談が行われました。続いて、市民を代表して、福岡大学4年の谷口由華さんから受賞者へのお祝いの言葉。最後は、芸術・文化賞受賞者フォリダ・パルビーン氏によるバウルソングの演奏で、幕を閉じました。

市民フォーラム

アン・ホイ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
女性のフレキシブルな感性は国境を越えて
開催日時
2008年9月13日(土)/13:30~16:35
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
司会
石坂健治(東京国際映画祭アジアの風プログラミング・ディレクター)
対談者
高樹のぶ子(作家)

「映画と文学の世界」と題して、大賞受賞者のアン・ホイ氏と高樹のぶ子氏の対談が実現。映画監督から見た文学の世界、小説家から見た映画の世界を話しながら、多くの共通点を見出した、参加者にも興味深い対談を紹介しましょう。

サヴィトリ・グナセーカラ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
アジアを中心に、人権を国際的に考える
開催日時
2008年9月14日(日)/16:00~18:00
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
コーディネーター
中村尚司氏(龍谷大学研究フェロー)
パネリスト
多谷千香子氏(法政大学教授)
パネリスト
モンテ・カセム氏(立命館アジア太平洋大学学長)

「アジア的価値観と人権」と題したサヴィトリ・グナセーカラ氏の講演と法政大学教授の多谷千香子氏、立命館アジア太平洋大学学長のモンテ・カセム氏をパネリストに迎え、龍谷大学研究フェローの中村尚司氏をコーディネーターとしてパネルディスカッションが活発に行われました。

シャムスル・アムリ・バハルディーン氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
多民族・多文化社会、マレーシアの経験
開催日時
2008年9月14日(日)/13:30~15:30
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
コーディネーター
末廣昭氏(東京大学社会科学研究所教授)
パネリスト
鳥居高氏(明治大学商学部教授)
パネリスト
清水展氏(京都大学東南アジア研究所教授)
パネリスト
小野山亮氏(NGO福岡ネットワーク)

「多民族・多文化社会、そして一つの〈国民〉:マレーシアの経験」と題したシャムスル・アムリ・バハルディーン氏による講演に続いて、パネルディスカッションが行われました。マレーシアやスリランカ等各国の多民族社会をフィールドとするパネリストから興味深い事例や意見が示され、質疑応答の際には会場からの質問が相次ぎ、多民族、多文化の共生に対する市民の関心の高さがうかがえた。

フォリダ・パルビーン氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
ユネスコ無形世界遺産「バウル・ソング」の夕べ
開催日時
2008年9月13日(土)/17:00~19:00
会場
イムズホール
解説
藤井知昭(国際文化研究所所長)
出演
フォリダ・パルビーン(歌・ハルモニアム)
出演
ガジ・アブドゥル・ハキム(バンスリー)
出演
シェク・ジラル(ドタラ)
出演
デベンドロ・ナッツ(タブラ)
出演
レザ・バブ(ドール)

フォリダ・パルビーン氏の圧倒的な歌唱力とハルモニアムの柔らかな音色にメンバー4名の伝統楽器が奏でるリ ズム、『バウル・ソング』は多くの参加者を魅了した。アンコールを含む全7曲の歌と演奏の合間にはコーディネーター藤井知昭氏による解説、フォリダ氏へのインタビュー、メンバー及び楽器の紹介も行われた。