大きく
小さく

文字サイズ:

2009年イベント日程

2009年(第20回)福岡アジア文化賞授賞式

開催日時
2009年9月17日(木)/18:20~20:00(途中休憩あり)
会場
福岡国際会議場(福岡県福岡市博多区石城町2-1/092-262-4111)
司会
楠田枝里子

秋篠宮同妃両殿下のご臨席をたまわり、市民のみなさまや留学生、文化関係者など約1,000人が参加し、20回の節目を飾る授賞式が行われました。

第1部では、和服姿の筑紫女学園大学アジア文化学科の学生にエスコートされながら受賞者が入場。吉田宏市長と鎌田迪貞よかトピア記念財団理事長から賞状と メダルが贈呈されると、各受賞者は受賞の喜びや市民へのメッセージなどを思い思いの言葉でスピーチ。福岡インターナショナルスクールの子どもたちによる微 笑ましい花束贈呈で締めくくりました。

第2部は司会の楠田枝里子さんと受賞者との対談で幕開け。子供時代のエピソードや日本の魅力、アジア文化への思いなどトークは和やかに進み、ときおり会場 から笑い声がこぼれる楽しい場面も。対談後は市民を代表して、西南学院大学学生の佐野友紀さんがお祝いの言葉を述べ、最後は作曲家・三木稔氏の代表作「ワ カヒメ」をオペラ歌手、宇佐美瑠璃さんが披露し、美しい歌声に会場全体が酔いしれました。

市民フォーラム

オギュスタン・ベルク氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
風土と日本~グローバルな視点へ~
開催日時
2009年9月19日(土)/13:30~15:30
会場
IMSホール
パネリスト
野澤秀樹氏(九州大学名誉教授)
コーディネーター
石澤良昭氏(上智大学学長)

通算15年に及ぶ日本滞在から独自の風土性を見いだしたオギュスタン・ベルク氏の基調講演の後、石澤良昭上智大学学長をコーディネーターとして野澤秀樹九州大学名誉教授を交え、さまざまなアングルから風土へのより深い考察が展開されました。

パルタ・チャタジー氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
声なき人々の歴史を語る
開催日時
2009年9月20日(日)/13:00~14:30
会場
IMSホール
パネリスト
竹中千春氏(立教大学法学部教授)

パルタ・チャタジー氏と、国際政治とインド政治が専門で、チャタジー氏の共著書の翻訳も手掛けた立教大学法学部教授の竹中千春氏を迎え、対談が行われました。民衆を主体とした歴史をどう掘り起こし、未来へつなげていくのか示唆に富んだ内容でした。

三木 稔氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
三木稔の音楽世界
開催日時
2009年9月20日(日)/16:00~18:30
会場
福岡銀行本店大ホール
対談者
藤井知昭氏(国際文化研究所所長、国立民族学博物館名誉教授)

筑紫女学園高等学校筝曲部やRKB 女声合唱団、邦楽器など演奏者、オペラ歌手などを招いて、「三木ワールド」をたっぷり堪能。現代邦楽をリードする三木稔氏自らのナビゲートにより、作品の奥深さはもちろん、邦楽の多彩かつ新しい魅力に浸った2時間半でした

蔡 國 強(ツァイ・グォ・チャン)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
アートに何ができるのか
開催日時
2009年9月16日(水)
会場
アクロス福岡イベントホール
モデレーター
後小路雅弘氏(九州大学大学院教授)
ゲストスピーカー
牧陽一氏(埼玉大学教養学部教授)
ゲストスピーカー
黒田雷児氏(福岡アジア美術館学芸課長)

これまで世界の美術展などで話題を呼んだ作品やプロジェクトの紹介を交え、アートの持つ さまざまな可能性を示してくれた蔡國強氏。作品同様、トークでも聴衆を存分に引き付けました。