大きく
小さく

文字サイズ:

2010年その他イベントレポート

2010年大賞受賞/黄秉冀(ファン・ビョンギ)氏

黄秉冀(ファン・ビョンギ)氏による文化サロン
開催日時
2010年9月17日(金)/18:00~19:00
会場
ホテル日航福岡
参加
筑前琵琶福岡旭会より中村旭園様他演奏家4名

黄秉冀夫妻と演奏家5人と、筑前琵琶福岡旭会の会長をはじめとする演奏家5名による音楽交流がホテル日航福岡にて行われました。

冒頭はお互いの活動や楽器の紹介から始まりましたが、筑前琵琶中村氏の「色々と説明するより,まずは音を聴いていただきましょう」との言葉で、5人の筑前琵琶奏者による迫力ある演奏に移りました。

“音楽による、言葉を超えた心の交流”

その熱のこもった演奏を受けて、黄氏の演奏家の方々もカヤグム、コムンゴ、テグム、歌曲、チャングとそれぞれの魅力を十二分に引き出した独奏で応えました。

予定時間をオーバーした演奏のあと、黄氏の「色々と言葉で話し合うよりも、私たちは楽器の奏でる音を通して心が解り合える。」との言葉に一同大きくうなずいていたのが印象的でした。

解散後も、興味津々でお互いの楽器で音を出し合ったり、アドレスの交換をしたりと、真剣な中にも和気あいあいとした雰囲気で進み、充実した時間を持つことができました。

お互いの活動について意見を交える参加者
お互いの活動について意見を交える参加者
日本側の演奏に応える韓国演奏家
日本側の演奏に応える韓国演奏家
参加者全員による記念撮影
参加者全員による記念撮影

2010年学術研究賞受賞/毛里和子氏

毛里和子氏による文化サロン
開催日時
2010年9月17日(金)
会場
九州大学大学院
参加
北九州市立大学教授・田村慶子氏他東南アジア研究者+学生約30名

田村慶子氏の他、清水一史氏(経済学研究院 国際経済経営部門 国際経済 教授 )や篠崎香織氏(北九州市立大学 教授)など九州を代表する東南アジア研究者に加え、有志による学生らが参加した毛里和子氏の文化サロン。

アジアの玄関口という点からも更なるイニシアチブが求められる九州大学にて、若手東南アジア研究者および学生たちを交えた意見交換会が行われました。

“地方の若手研究者、人材育成の重要性”

「現代アジア政治学のススメ」と題して、まずは毛里氏が「現代中国 三つの挑戦」「現代アジア学の創生」など21世紀COEプログラムの5年間で研究した成果を紹介。

「現段階までアジアが歴史・伝統を共有しており、目標・方向に共通性が見られる。これが『現代アジア学』が成り立つゆえん」と語りました。

その後、中国の民主化など将来の展望に関する参加者からの質問に「グローバルな経済の動向が中国の政治的将来に影響を及ぼすと思う。1960年代から現在に至るまでアジアの国々が経験した様々な変化を理論化し、中国がどこにあてはまるかを考えるべきです」とまとめました。

毛里氏に質問をぶつける参加者
毛里氏に質問をぶつける参加者
参加者からの質問に答える毛里氏
参加者からの質問に答える毛里氏
九州の中国研究者らと意見交換
九州の中国研究者らと意見交換

2010年芸術・文化賞受賞/オン・ケンセン氏

オン・ケンセン氏文化サロン
開催日時
2010年9月18日(土)/18:30~20:00
会場
福岡アジア美術館
参加
福岡の演劇関係者、市民約20人

今から10年前、オン氏演出の「デスデモーナ」が上演された思い出の地、福岡アジア美術館にて文化サロンを開催。多数の演劇関係者や市民が参加しました。

“脱・脚本、既成概念をうち壊せ”

今回の文化サロンでは、「Dreamtime in Morishita studios」という「戦争」や「慰安婦」の問題をテーマにした演劇作品をスクリーンで上映。

オン氏は「目指したのは“脱・台本”です。チェーンソーを用いた躍動的なアクション、舞台上をゆっくりと歩き回りながら服を脱ぎ着するなどの既成概念を壊す新たな手法で表現した。残酷な戦争の歴史を、新たな感覚で捉えてほしかった」と解説を添えました。

「氏の作品を見て、何が始まるのか、なぜ男性が女性を演じているのかと思いを巡らせていると、自分の中で気づかぬうちに固まっているイメージがあることに気づかされる」と参加者は感想を述べていました。

オン氏の「リア王」を卒論の題材に選んだという、大阪から駆けつけた大学生の岡田さん。研究にあたっての疑問や質問をオン氏にぶつける熱い姿が、文化サロン終了後いつまでも続いたのが印象的でした。

サロン会場にて内野氏と議論するオン氏
サロン会場にて内野氏と議論するオン氏
熱心に聞き入るサロン参加者
熱心に聞き入るサロン参加者
サロン会場にてスライドを使って自身の作品を紹介するオン氏
サロン会場にてスライドを使って自身の作品を紹介するオン氏

福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

福岡アジア文化賞授賞式の様子や各種イベントのレポートを含めた2010年度の事業報告書を、PDF形式でダウンロードいただけます。

2010年福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

各種イベントレポート

2010年度のイベントレポートをご覧いただけます。