大きく
小さく

文字サイズ:

2010年イベント日程

2010年(第21回)福岡アジア文化賞授賞式

2010年(第21回)福岡アジア文化賞授賞式
開催日時
2010年9月16日(木)/18:20~20:00(途中休憩あり)
会場
福岡国際会議場(福岡県福岡市博多区石城町2-1/092-262-4111)
司会
檀ふみ

秋篠宮同妃両殿下の御臨席を賜り、市民や各国、各界関係者など約1,000人が参加して授賞式が開かれました。厳粛な雰囲気に包まれた第1部では、あでやか な和服姿の筑紫女学園大学アジア文化学科の学生にエスコートされながら受賞者が登壇。吉田宏福岡市長と鎌田迪貞よかトピア記念国際財団理事長から賞状とメ ダルが贈られました。受賞者は受賞の喜びや福岡市民へのメッセージを込めてそれぞれスピーチ。最後は福岡インターナショナルスクールの子どもたちから花束 が贈呈され、盛大な拍手に包まれました。

第2部では司会の女優・檀ふみさんと受賞者が和やかに対談。幼いころに興味を持っていたことや、今大切にしている時間など素顔に迫る質問に、各受賞 者の意外な一面や共通点が浮かび上がりました。対談後は、市民代表の河原抄子さんが祝福の言葉を贈り、エンディングではカヤグムの演奏(大賞の黄秉冀氏作 曲「夜の声」)で受賞者を祝福しました。

市民フォーラム

黄秉冀(ファン・ビョンギ)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
韓国音楽の伝統と創造
開催日時
2010年9月19日(日)/14:30~16:30
会場
イムズホール
進行役
藤井 知昭氏(国際文化研究所所長)

韓国伝統音楽の紹介をはじめ、カヤグムを中心にチャングやコムンゴなどの多彩な韓国伝統楽器の解説を交えながら、その調べに浸ったファン氏の市民フォーラ ム。卓越した音楽的想像力により、千数百年にわたる伝統と現代性、国際性の見事な融合が醸し出す、美しさと幽玄の妙をお楽しみいただきました。

ジェームズ・C・スコット氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
統治する国家・支配されざる民
開催日時
2010年9月17日(金)/18:30~20:30
会場
イムズホール
コーディネーター
藤原 帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
コメンテーター
清水 展氏(京都大学東南アジア研究所所長・教授)

近代国家による支配と被支配の関係を多角的に研究してきたジェームズ・C・スコット氏による基調講演の後、東京大学大学院教授の藤原帰一氏をコーディネー ターに、京都大学東南アジア研究所所長・教授で福岡アジア文化賞学術研究賞選考委員会副委員長でもある清水展氏を交えて意見交換しました。

毛里和子氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
中国式発展モデルの向かう先~中国は、世界モデルになりうるか~
開催日時
2010年9月18日(土)/17:00~19:00
会場
イムズホール
コーディネーター
天児 慧氏(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
パネリスト
堀井 伸浩氏(九州大学大学院経済学研究院准教授)

中国の発展モデルは世界基準となり得るか、など未来への考察を中心に講演。後半は、早稲田大学大学院教授の天児慧氏、九州大学大学院准教授の堀井伸浩氏を交えたパネルディスカッションを開催しました。

オン・ケンセン氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
身体の越境~オン・ケンセンの挑戦~
開催日時
2010年9月18日(土)/13:30~15:30
会場
イムズホール
進行役
内野 儀氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)

福岡アジア文化賞芸術・文化賞選考委員である内野儀氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)を進行役に迎えたフォーラムでは、これまでにオン・ケンセン氏が手掛けた作品の一部を上映。本人の解説を交えながら、多彩で斬新な世界観に触れました。