大きく
小さく

文字サイズ:

2012年イベント日程

2012年(第23回)福岡アジア文化賞授賞式

2012年(第23回)福岡アジア文化賞授賞式
開催日時
2012年9月13日(木)/18:20~20:00(途中休憩あり)
会場
福岡国際会議場(福岡県福岡市博多区石城町2-1/092-262-4111)
司会
ジュディ・オング

秋篠宮同妃両殿下の御臨席を賜り、市民や各国、各界関係者など約千人が参加し、福岡国際会議場で授賞式が開催され、受賞者の栄誉を称えました。

厳粛な雰囲気に包まれた第1 部では、あでやかな和服姿の筑紫女学園大学アジア文化学科の学生にエスコートされながら受賞者が登壇し、主催者を代表して高島宗一郎福岡市長が、受賞者を祝福するあいさつ。秋篠宮殿下より受賞者および福岡アジア文化賞についてお言葉をいただき、引き続き有川節夫九州大学総長より選考経過が報告されました。高島市長と鎌田迪貞よかトピア記念国際財団理事長から博多織で装幀された賞状と、福岡市の夏の花、芙蓉をモチーフにしたメダルが贈られました。

受賞者は、受賞の喜びや福岡市民へのメッセージを込めてそれぞれスピーチ。市民代表の針塚瑞樹さんからお祝いの言葉が贈られた後は、福岡インターナショナルスクールの子どもたちから花束が贈呈され、会場は盛大な拍手に包まれました。

第2部では司会のジュディ・オングさんと受賞者が和やかに対談。市民から寄せられた質問に答える形で、福岡の印象についてや日頃気を付けていることなどについてトークを繰り広げました。

対談後は、芸術・文化賞を受賞したムルティアさん率いるスロカルト王家舞踊家による特別パフォーマンスが行われ、華やかな宮廷舞踊で受賞者たちを祝福し、幕を閉じました。

市民フォーラム

ヴァンダナ・シヴァ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
大地の民主主義(アースデモクラシー)~未来へと続く正義と平和の文化を育む~
開催日時
2012年9月11日(火)/18:30~20:30
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
コーディネーター
竹中千春(立教大学法学部教授)
パネリスト
中村尚司(龍谷大学研究フェロー)

現代社会は、環境、経済、社会問題などさまざまな分野で深刻な危機状態に陥っています。世界中に溢れる欲望、経済至上主義による過剰な競争は、地球上の生態系や社会倫理を破壊しようとしています。

シヴァ氏は、肌の色、信条、国境を越えたあらゆる人間とあらゆる生き物が、ひとつの共同体としてつながっており、権利と尊厳が尊重されるべき大地の家族である、といいます。シヴァ氏の提唱する、この新しい考え方「大地の民主主義=アースデモクラシー」を通して、現代社会について考えてみましょう。

チャーンウィット・カセートシリ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
国際都市アユタヤをめぐる海域交流~日本からアラビアまで~
開催日時
2012年9月14日(金)/18:30~20:30
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
コーディネーター
新田栄治(鹿児島大学法文学部教授)
パネリスト
岡本弘道(県立広島大学人間文化学部准教授)
パネリスト
藤田加代子(立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部准教授)

世界中から多くの観光客を惹きつけてやまない、世界遺産にも登録されたタイを代表する遺跡、アユタヤ。

第1部では、チャーンウィット氏による基調講演。14~18世紀に琉球、中国からアラブ世界やヨーロッパにまで、海による貿易と交流を行っていた国際貿易都市アユタヤの繁栄のすがたをたどっていきます。

第2部では、琉球を中心とした海上貿易を研究する岡本弘道氏と、オランダを中心とするヨーロッパ貿易を研究する藤田加代子氏による見解を交えながら、チャーンウィット氏とは違った角度から、当時のアユタヤについて迫ります。

キドラット・タヒミック氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
キドラット・タヒミックの映画=宇宙~アジア・インディペンデント映画のパイオニア~
開催日時
2012年9月16日(日)/13:30~18:30
会場
エルガーラ大ホール
対談者
石坂 健治(日本映画大学教授、東京国際映画祭アジア部門ディレクター)

アジアの個人映画作家の先駆者的存在として、世界の映画文化に大きな影響を与えてきたタヒミック氏。

市民フォーラムでは、そんな氏の代表作でもある「悪夢の香り」「虹のアルバム 僕は怒れる黄色'94」「マゼラン」が上映され、その他に、石坂健治氏(東京国際映画祭アジア部門ディレクター)との対談や、タヒミックさんによるパフォーマンスもあり、内容盛りだくさん!台風が直撃する悪天候のなかお集まりいただいた多くのみなさまと、氏独特の”クレイジー・ワールド”を楽しみました。

クス・ムルティア・パク・ブウォノ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
ジャワ・スロカルト王家のガムランと舞踊~伝統の源(みなもと)から世界に向けて~
開催日時
2012年9月15日(土)/13:30~15:30
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
司会進行・対談者
田村史子(筑紫女学園大学准教授)
監修
藤井知昭(国際文化研究所所長)
楽器提供・協力
筑紫女学園大学

インドネシア、中部ジャワの王家に代々伝承されてきた、宮廷舞踊の後継者であるムルティア氏。氏が率いる宮廷舞踊・演奏団は、これまで日本を含む世界中の名のある芸術祭等で数々の公演を行い、喝采をあびてきました。

市民フォーラムでは、田村史子(筑紫女学園大学准教授)氏をナビゲーターにお迎えして、ムルティア氏による解説を交えながら、本場の宮廷舞踊やガムラン演奏をご鑑賞いただきました。普段は指導にまわられることの多いムルティア氏の実演が生で見られるとあって、多くの市民のみなさまにお集まりいただきました。