大きく
小さく

文字サイズ:

2015年市民フォーラムレポート

2015年大賞受賞/タン・ミン・ウー氏

forum1-main.jpg
タイトル
21世紀のミャンマーはどこに向かうか~過去・現在・未来の対話~
開催日時
2015年9月19日(土)/13:00~15:00(開場/12:00)
会場
エルガーラ 大ホール
対談者
明石 康氏(公益財団法人国際文化会館理事長)
コーディネーター
竹中千春氏(立教大学法学部教授)
参加者
250人

今日のミャンマーには、グローバリゼーションの荒波に揉まれつつ、長い孤立の歴史を乗り越えて豊かな未来をめざす、人々の熱気が溢れています。ミャンマーはどこに向かうのか。国連事務総長を務めた祖父ウ・タント氏の理想を胸に、平和創造の課題に取り組むタン・ミン・ウー氏に、ミャンマーの21世紀を熱く語っていただきました。

講演する明石氏
講演する明石氏
満員の会場
満員の会場
コーディネーターの竹中氏
コーディネーターの竹中氏

第1部:タン・ミン・ウー氏による基調講演

“ミャンマーの民主化には国際社会の協力が不可欠”

forum1-middle1.jpgミャンマーは改革の時代を迎え、この4年間、期待が高まっています。政治改革により新たな憲法が制定され、政治環境が自由化されている状況にあります。経済改革が起こり、和平のプロセスも進んでいます。ブラックホールの時代を経たミャンマーにとって、この数年間の変革はまさに奇跡だといえます。

1885年11月28日は、ミャンマーの歴史上とても重要な日です。千年にわたって続いた王制がイギリスによって放逐され、1940年ごろまでビルマ(当時の呼称)はインドの一州として統治されたのです。比較的に豊かな場所で、その間、中国やインドから何十万、何百万という移民がビルマにやってきました。ほとんどのビルマ人は最下層に落とされてしまい、上に立つ移民や海外企業に対する敵意がしだいに芽生えていきました。

独立後、軍が力を強め、外からの影響に対する反動を抑えるという形で62年に軍事政権が始まりました。独裁と、国際社会からの孤立が長く続き、とても貧しくなりました。しかし88年ごろから軍事政権を打倒しようという勢いが生まれてきました。

2011年に民政移管され、今まさに国際社会に復帰する努力をしているところです。国が外に開かれ、急激な変化が起こる中で、そして多くの少数民族がいる中で、国民としてのアイデンティティーをどう培っていくかが重要になってきます。

民主化、和平、経済発展などは緊密に繋がっています。進化的で安定的なやり方で民主化に向かうためには、20の異なった武装グループとの和平プロセスを進めるとともに、電気や鉄道などのハードインフラや健康や教育などのソフトインフラに対する投資が必要です。中国、インド、タイなどに接する立地から急速に発展する可能性が高いです。

競争だけでなく、国際社会の協力が必要です。日本とミャンマーには長い歴史があり、政府も企業も人的交流を前向きに考えている。両国の関係は、将来的に必ずや強化されるものと信じています。福岡の皆さんもぜひツーリストとしてミャンマーを訪れ、NGOや大学、そして一般の人たちとのコンタクトを持っていただきたいと願っています。

明石康氏による講演

 私は若い頃、日本人初の国連職員として、タン・ミン・ウー氏の祖父である第3代国連事務総長ウ・タント氏の下で働きました。そして私が重要な平和維持活動を指揮していた1990年代に有能な若手職員として活躍したのがタン・ミン・ウー氏です。さきほどの基調講演で彼は、その明晰な頭脳で自国の複雑な歴史を見事に解きほぐしてくれました。彼が示したのは、国際社会が懸命な援助の手を差し伸べればミャンマーの民主化は必ず成功するという見解です。われわれは民主化に向かうミャンマーの挑戦を温かく見守りつつ、その中で日本が果たすべき役割や責任を考えながら行動したいと思います。

第2部:明石康氏との対談

タン・ミン・ウー氏と、国連時代の上司にあたる明石康氏の対談が、竹中千春氏(立教大学法学部教授)をコーディネーターとして繰り広げられました。

“国際社会に参画するための課題と可能性”

 ヤンゴンの近況としてタン・ミン・ウー氏は、スマートフォンなどのユーザーが50万人から1200万人に増えたことを紹介。「若者を中心に世界の消費者の中に組み込まれる中で、ミャンマーの何を守り残していくかが重要」と述べました。仏教の影響力に話題が及ぶ中で、明石氏は「日本がミャンマーや東南アジア諸国との理解・友好を深める上で、仏教は一つのよりどころになる」と語りました。これからのミャンマーについてタン・ミン・ウー氏は「喫緊には、公務員部門の改革、土地制度の改革、エネルギー戦略の見直しなどが必要」と述べ、民政移管後初の総選挙への期待を表しました。

会場からの「日本はミャンマーのために何ができるか」といった質問に対し、明石氏は「企業の進出は双方の利益になる。教育や福祉の面でも貢献できる。長期的な発展のために役立つ支援など、日本らしい誠実さが大事」と答えました。

forum1-middle2.jpg

2015年学術研究賞受賞/ラーマチャンドラ・グハ氏

forum2-main.jpg
タイトル
ガンディーとインド、そして世界
開催日時
2015年9月19日(土)/16:30~18:30(開場/15:30)
会場
エルガーラ 大ホール
パネリスト
田辺明生氏(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
コーディネーター
脇村孝平氏(大阪市立大学大学院経済学研究科教授)
参加者
200人

著しい経済成長のみならず「世界最大の民主主義国」として注目されているインド。言語、民族、宗教、カーストなど多様性を抱えながらも大国としての存在を維持し、その不思議な魅力は私たちを魅了し続けています。インド独立運動の父として知られるマハトマ・ガンディーの生涯を、グハ氏が熱く語りました。

コーディネーターの脇村氏
コーディネーターの脇村氏
ディスカッションの様子
ディスカッションの様子
パネリストの田辺氏
パネリストの田辺氏

第1部:ラーマチャンドラ・グハ氏による基調講演

“4つの職業で革新的な取り組みを実践したガンディー”

forum2-middle1.jpg環境歴史家としてキャリアを始めた私は、環境運動についての研究をする中でガンディーという人物に興味を持つようになりました。それは、1970年代から80年代にかけてヒマラヤで行われたチプコ運動で、農民たちが木に抱き付いて森林伐採に反対するという、ガンディーの非暴力抵抗の思想に強く影響された運動でした。

ガンディーの素晴らしさは、1.独立運動家 2.社会改革者 3.宗教的多元主義者 4.預言者・未来主義者という4つの職業を同時にこなし、それぞれの中で革新的な取り組みを実践した点にあります。

イギリスからの独立を勝ち取る大規模な民族運動においては、他の植民地に見られるような武装闘争ではなく、非暴力抵抗運動を貫きました。中でも有名なのが、1930年の塩の行進です。

社会改革者としては、不可触民や女性に対する差別をなくす活動をしました。例えば、不可触民が寺院への出入りを禁止されていることに抵抗し、上層・中層・低層のカーストが一緒に寺院に入るという革命的な行動を起こしたり、非暴力で独立を勝ち取るために女性を行進に参加させたりしました。

ガンディーの生まれはヒンドゥーですが、キリスト教の友人も多く、イスラム教、キリスト教、仏教など多宗教の人たちが互いの宗教を尊重し、融和的に暮らす世界を目指しました。アシュラムという道場をつくり、さまざまな宗教の歌を歌ったり書物を読んだりする活動を行い、多宗教の融和に捧げた生涯でもありました。

さらに彼は未来を預言しました。1928年に行ったスピーチの中で「インドで西洋型の工業化を行えば、エネルギーを使い資源を枯渇させる」と警告し、1930年代には有機農業の促進を擁護しています。

当時、このようなガンディーの思想は常に批判され、攻撃を受けました。今日では多くの偉大な人々がガンディーを尊敬し称賛していますが、一方では彼を忌み嫌い、中傷する人がたくさんいるのも事実です。ガンディーほど世界中で物議を醸し、議論の的となる人物は、これまでもこれからもいないでしょう。

私見では、ガンディーは非常に素晴らしいインド人思想家であり、道徳的な預言者で、ブッダ以降、最も偉大な思想家だと思っています。今日のインドでも、ガンディーを否定し忌み嫌う人がいますが、他国の方々がガンディーの素晴らしさを再発見してくれることでしょう。

第2部:パネルディスカッション

脇村孝平氏(京都大学教授)をコーディネーターにお迎えし、田辺明生氏(京都大学教授)とともにパネルディスカッションを行いました。

“ガンディーの思想や運動は現在の日本にも大きな意義”

基調講演を受けて田辺明生氏はグハ氏に対し「ガンディーの多面的な魅力と、その思想運動の世界史的な重要性を、極めて明晰に論じた」と称えました。さらに、「ガンディーは全ての活動を通じて当時の支配的枠組みを問い直し、オルタナティブを探求したのではないか」と論じ、「現在の日本も、現実の多面性を深く認識し、多様な立場に共感を持って理解した上で、よき潜在的可能性を実践的に現実化しようとする姿勢を持つことが肝要だ」と議論を展開しました。

後半は会場からの質問も踏まえ、脇村孝平氏が「ガンディーは南アフリカの経験の中で、どんな人物から影響を受けたのか」と質問。グハ氏は、「ユダヤ教やキリスト教の女性と友達になるなど、南アフリカでの生活や人生そのものが大学であった」と答えました。現代のインドとガンディーの関係については、「ガンディーが全て正しいという考えを持ってはいけない。非暴力や宗教的な多元性、環境の持続可能性についての考えは役に立つが、男女平等という点ではガンディーの考えを超えなければならない」と主張しました。

forum2-middle2.jpg

2015年芸術・文化賞受賞/ミン・ハン氏

forum3-main.jpg
タイトル
ファッションを通したアジアの創造力~ミン・ハンが縫うベトナムの魅力~
開催日時
2015年9月20日(日)/14:00~16:30(開場/13:00)
会場
アクロス福岡地下2階イベントホール
パネリスト
河地洋子氏(香蘭女子短期大学名誉教授)
パネリスト
新田栄治氏(鹿児島大学名誉教授)
コーディネーター
藤原惠洋氏(九州大学大学院芸術工学研究院教授)
参加者
400人

ベトナムのアオザイや少数民族の刺繍・織物と現代的なデザインを大胆に融合しながら、ドイモイ(刷新)以降のファッション産業界をリードし、世界中のファッションショーで独創的な作品を発信してきたミン・ハン氏。ベトナム戦争の記憶を越え縫い続けた自身の生き方を振り返り、アジアの創造力の結晶とも言えるファッション作品を披露いただきました。

タオイ族による実演
タオイ族による実演
ミン・ハン氏による作品紹介
ミン・ハン氏による作品紹介
ミニファッションショーも開催
ミニファッションショーも開催

第1部:ミン・ハン氏による基調講演、ミニファッションショー

“少数民族や日本の伝統的な織物から生まれる新しいファッションの形”

forum3-middle1.jpgベトナムの人口は約8000万人、その14%を53の少数民族が占めています。

彼らは素直でシンプルで素朴な精神を持っています。毎日の生活の中で見たり感 じたことで感触や感情が刻々と変わり、織物の色や素材、模様も全く違ったものになります。昼と夜の作品が全然違ったりもします。それは私たちデザイナーにとって素晴らしく尊いものですが、私たちが彼らと同様に気持ちの変化に応じてデザインを変えることは非常に難しいことです。それでも、モン族の人と一緒に食事や仕事をして、同じ部屋で寝泊まりすると、彼らにシンパシーを感じ共感を持つことができます。共感を持ちインスピレーションを得ることが私のデザイナーとしての原動力になっています。

彼らの伝統的な仕事を守り、続けるためには?私は弟子によく言います。「これは戦いである。しかも終わりのない戦いである」と。若いデザイナーが伝統的な価値を理解するのは難しいことです。伝統素材をファッションに取り入れるのはとても大変なことだから。しかし若い彼らがその伝統的な価値を理解できたら、彼らは決してそれを捨てることはありません。これからも私たちの戦いは続いていきます。

私は古都プレイクで生まれました。少数民族も住んでいる土地で、幼い頃よく彼らについて行きました。彼らのことが大好きだったのです。私は美術学校を卒業しファッションの道を選びましたが、少数民族が織る伝統素材をファッションに使うことは、誰も認めてくれませんでした。誰も着たくないもの、文明的でないものをなぜ使うのかと。しかし私は負けませんでした。私がその伝統素材を選んだとき、私のインスピレーションが生まれたのです。私の気持ち、幼い頃感じた感触が蘇ってきたのです。その後トーカムはベトナムの本質的な文化として認められ観光客のお土産にもなり、少数民 族の人々は利益と誇りを得ることができました。

私の望みは時代や地域を超えた文化のクロスであり融合です。伝統的なものから生まれる本物の価値が今の時代には必要です。私はこの信念を次の世代に伝えていくつもりです。

forum3-middle2.jpg

第2部:パネルディスカッション

藤原惠洋氏(九州大学教授)をコーディネーターにお迎えし、河地洋子氏(香蘭女子短期大学名誉教授)、新田栄治氏(鹿児島大学名誉教授)らとともにパネルディスカッションを行いました。

“伝統を見出し、未来につなぐために必要なことは何か?”

久留米絣や博多織の発展に尽力する河地氏は、ミン・ハン氏の久留米絣とチュールという異素材のリメイクに感動したと発言。新田氏は少数民族の機織り道具が2,500年前の墓からの出土品と同じであることを紹介。伝統が現代と複雑に絡み合い未来志向しているミン・ハン氏の作品に衝撃を感じたと語りました。

「伝統を未来につなげるために我々に何ができるのか」という観客の質問に対し、ミン・ハン氏は、「若者も伝統の魅力を感じることができるはず。ただ若者には進むべき方向を示し教育することが必要。伝統を失くすことは将来を失くすこと。」と力づよく答えました。

パネリストの新田氏
パネリストの新田氏
パネリストの河地氏
パネリストの河地氏
コーディネーターの藤原氏
コーディネーターの藤原氏

福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

福岡アジア文化賞授賞式の様子や各種イベントのレポートを含めた2015年度の事業報告書を、PDF形式でダウンロードいただけます。

2015年福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

各種イベントレポート

2015年度の市民フォーラム以外のイベントレポートをご覧いただけます。