大きく
小さく

文字サイズ:

2015年その他イベントレポート

2015年大賞受賞/タン・ミン・ウー氏

salon1-main.jpg
開催日時
9月19日(土)/19:00~20:30
会場
住吉神社能楽殿
対談者
西村幸夫(日本イコモス委員長、東京大学教授)
進行
河野俊行(国際イコモス副会長、九州大学教授)

国際交流基金アジアセンターとの共催企画として、歴史建造物の保存活動を行っているタン・ミン・ウー氏とミャンマーのバガン遺跡の保存にかかわった西村氏により対談が行われました。

ヤンゴンは何を保存すべきかを先に開発が進んだ他都市から学ぶことができる。世界レベルの観光地、歴史都市としての世界遺産の可能性を秘めている。保存を地域開発に繋げる視点が大事、など意見を交わしました。

能楽殿舞台で対談
能楽殿舞台で対談
対談者の西村氏
対談者の西村氏
進行の河野氏
進行の河野氏

2015年芸術・文化賞受賞/ミン・ハン氏

salon3-main.jpg
開催日時
9月19日(土)/17:00~18:00
会場
警固神社

国際交流基金アジアセンターとの共催企画として、ミン・ハン氏作品のファッションショーを開催しました。

会場は針供養の碑がある警固神社。警固神社としてもファッションショー開催は初の試みとのこと。日本とベトナムの文化交流を目的としたこのイベントでは、香蘭ファッションデザイン専門学校の協力のもと、同校の生徒作品を皮切りに、ベトナム若手デザイナーViet氏の作品が紹介された後、ミン・ハン氏の約40着の作品が次々に披露されました。ベトナムのアオザイや少数民族の刺繍、織物、そして日本の和紙や着物などベトナムと日本の伝統文化を斬新に取り入れた艶やかな現代ファッションに、集まった300人の観客からはため息や驚きの声が聞かれました。

終了後はミン・ハン 氏やファッションモデルと観客との交流の場となり、夕暮れの中、いつまでもショーの余韻が続いていました。

神社の鳥居もランウェイに
神社の鳥居もランウェイに
針供養碑の前で
針供養碑の前で
幻想的な雰囲気に包まれる会場
幻想的な雰囲気に包まれる会場

福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

福岡アジア文化賞授賞式の様子や各種イベントのレポートを含めた2015年度の事業報告書を、PDF形式でダウンロードいただけます。

2015年福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

各種イベントレポート

2015年度のイベントレポートをご覧いただけます。