大きく
小さく

文字サイズ:

2015年イベント日程

2015年(第26回)福岡アジア文化賞授賞式

ceremony-top.jpg
開催日時
2015年9月17日(木)/18:20~20:00(開場/17:30)
会場
福岡国際会議場(福岡市博多区石城町)

映像による歴代受賞者の紹介と墨絵アートのオープニングで幕を開けた第26回福岡アジア文化賞授賞式。秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと各国の来賓、各界関係者、多数の市民が一堂に会し、式は華やかにスタートしました。

受賞者が客席から登場すると、会場には割れんばかりの拍手。これまでの功績をたたえ、受賞を祝う温かい空気にあふれました。髙島宗一郎福岡市長が受賞者が100名を超えたことを紹介。「アジアと創る」をコンセプトに、福岡アジア文化賞をはじめとした「アジアンパーティ」の一連のイベントの中で、さまざまな交流を通して新しい時代のアジアの交流拠点を目指していく、と挨拶しました。

続いて、秋篠宮殿下よりお言葉を賜り、審査委員長の久保千春九州大学総長より選考経過が報告され、髙島市長より受賞者に賞状とメダルが授与されました。市民を代表して大学生よりお祝いの言葉が贈られ、福岡インターナショナルスクールの可愛らしい子どもたちによって花束が贈呈されると、観客から大きな拍手が贈られました。

第2部では、受賞者による喜びのスピーチが行われ、市民の質問に答える形 で「ミャンマーの民主化」「多様性のあるインドと現代におけるガンディーの思想」「伝統と創造」などが語られました。

最後に、墨絵アーティスト西元祐貴氏が、墨絵と九州大学の映像テクノロジー を融合させたライブパフォーマンスを披露。墨絵がキャンバスから飛び出してスクリーンいっぱいに広がり、観客を躍動感あふれる異空間へといざなって式は優雅に幕を閉じました。

市民フォーラム

タン・ミン・ウー氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
21世紀のミャンマーはどこに向かうか~過去・現在・未来の対話~
開催日時
2015年9月19日(土)/13:00~15:00(開場/12:00)
会場
エルガーラ 大ホール
対談者
明石 康氏(公益財団法人国際文化会館理事長)
コーディネーター
竹中千春氏(立教大学法学部教授)
参加者
250人

今日のミャンマーには、グローバリゼーションの荒波に揉まれつつ、長い孤立の歴史を乗り越えて豊かな未来をめざす、人々の熱気が溢れています。ミャンマーはどこに向かうのか。国連事務総長を務めた祖父ウ・タント氏の理想を胸に、平和創造の課題に取り組むタン・ミン・ウー氏に、ミャンマーの21世紀を熱く語っていただきました。

ラーマチャンドラ・グハ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
ガンディーとインド、そして世界
開催日時
2015年9月19日(土)/16:30~18:30(開場/15:30)
会場
エルガーラ 大ホール
パネリスト
田辺明生氏(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
コーディネーター
脇村孝平氏(大阪市立大学大学院経済学研究科教授)
参加者
200人

著しい経済成長のみならず「世界最大の民主主義国」として注目されているインド。言語、民族、宗教、カーストなど多様性を抱えながらも大国としての存在を維持し、その不思議な魅力は私たちを魅了し続けています。インド独立運動の父として知られるマハトマ・ガンディーの生涯を、グハ氏が熱く語りました。

ミン・ハン氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
ファッションを通したアジアの創造力~ミン・ハンが縫うベトナムの魅力~
開催日時
2015年9月20日(日)/14:00~16:30(開場/13:00)
会場
アクロス福岡地下2階イベントホール
パネリスト
河地洋子氏(香蘭女子短期大学名誉教授)
パネリスト
新田栄治氏(鹿児島大学名誉教授)
コーディネーター
藤原惠洋氏(九州大学大学院芸術工学研究院教授)
参加者
400人

ベトナムのアオザイや少数民族の刺繍・織物と現代的なデザインを大胆に融合しながら、ドイモイ(刷新)以降のファッション産業界をリードし、世界中のファッションショーで独創的な作品を発信してきたミン・ハン氏。ベトナム戦争の記憶を越え縫い続けた自身の生き方を振り返り、アジアの創造力の結晶とも言えるファッション作品を披露いただきました。