大きく
小さく

文字サイズ:

2016年イベントレポート一覧

2016年(第27回)福岡アジア文化賞授賞式

2016ceremony-top.jpg
開催日時
2016年9月16日(金)/18:30~20:00(開場/17:30)
会場
アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神)

第27回福岡アジア文化賞授賞式は、映像による歴代受賞者の紹介と、福岡西陵高校管弦楽部によるオープニングファンファーレで幕を開けました。

秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと、インド、パキスタン、フィリピン、ベトナムなど各国の来賓や各界関係者、市民など約1,100名の観客が見守る中、市民が贈る福岡アジア文化賞にふさわしく、受賞者は客席を通ってステージへ。手を伸ばせば届くほど受賞者と観客との距離が近く、華やかさの中にも温もりのあるその雰囲気は、ホスピタリティマインドあふれた福岡らしいオープニングとなりました。

最初に高島宗一郎福岡市長が挨拶。この賞は、アジアの学問や芸術・文化に光をあてる国際的な賞として大変貴重であり、100名を超える受賞者からアジアを理解するための示唆を得ると同時にアジア地域の人々の交流に大きく貢献していると紹介。文化の振興、相互理解及び平和への貢献とい う、福岡アジア文化賞の精神が浸透していくことを祈念すると結びました。

続いて秋篠宮殿下より受賞者へのお祝いの言葉を賜り、審査委員長の久保千春九州大学総長より選考経過が報告されました。大学院生からお祝いの言葉、福岡インターナショナルスクールの子どもたちから花束が贈られると、緊張気味だった受賞者の顔に笑みがこぼれ、観客からも大きな拍手が送られました。

第2部は受賞者による喜びのスピーチが行われました。また、事前に市民から寄せられた質問をもとにインタビューが行われました。そして、A.R.ラフマーン氏と福岡西陵高校管弦楽部との夢の共演が実現。受賞者も観客もラフマーン氏の音楽の世界に酔いしれる、今まで以上に華やかな授賞式となりました。

2016年授賞式レポートの続きをみる

2016年福岡アジア文化賞市民フォーラム

2016年福岡アジア文化賞受賞者による基調講演やパネリストとの対話により、受賞者の研究を市民のみなさまにわかりやすく解説します。

forum1-main.jpg
A.R.ラフマーン
forum2-main.jpg
アンベス・R・オカンポ
forum3-main.jpg
ヤスミーン・ラリ

2016年福岡アジア文化賞学校訪問

2016年福岡アジア文化賞受賞者が、福岡市内の学校を直接訪問し、生徒たちとのコミュニケーションを図ります。

school1-main.jpg
A.R.ラフマーン
school2-main.jpg
アンベス・R・オカンポ
school3-main.jpg
ヤスミーン・ラリ