大きく
小さく

文字サイズ:

2016年イベント日程

2016年(第27回)福岡アジア文化賞授賞式

2016ceremony-top.jpg
開催日時
2016年9月16日(金)/18:30~20:00(開場/17:30)
会場
アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神)

第27回福岡アジア文化賞授賞式は、映像による歴代受賞者の紹介と、福岡西陵高校管弦楽部によるオープニングファンファーレで幕を開けました。

秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと、インド、パキスタン、フィリピン、ベトナムなど各国の来賓や各界関係者、市民など約1,100名の観客が見守る中、市民が贈る福岡アジア文化賞にふさわしく、受賞者は客席を通ってステージへ。手を伸ばせば届くほど受賞者と観客との距離が近く、華やかさの中にも温もりのあるその雰囲気は、ホスピタリティマインドあふれた福岡らしいオープニングとなりました。

最初に高島宗一郎福岡市長が挨拶。この賞は、アジアの学問や芸術・文化に光をあてる国際的な賞として大変貴重であり、100名を超える受賞者からアジアを理解するための示唆を得ると同時にアジア地域の人々の交流に大きく貢献していると紹介。文化の振興、相互理解及び平和への貢献とい う、福岡アジア文化賞の精神が浸透していくことを祈念すると結びました。

続いて秋篠宮殿下より受賞者へのお祝いの言葉を賜り、審査委員長の久保千春九州大学総長より選考経過が報告されました。大学院生からお祝いの言葉、福岡インターナショナルスクールの子どもたちから花束が贈られると、緊張気味だった受賞者の顔に笑みがこぼれ、観客からも大きな拍手が送られました。

第2部は受賞者による喜びのスピーチが行われました。また、事前に市民から寄せられた質問をもとにインタビューが行われました。そして、A.R.ラフマーン氏と福岡西陵高校管弦楽部との夢の共演が実現。受賞者も観客もラフマーン氏の音楽の世界に酔いしれる、今まで以上に華やかな授賞式となりました。

市民フォーラム

A.R.ラフマーン氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
From the Heart:A.R.ラフマーンの音楽世界
開催日時
2016年9月17日(土)/17:00~19:00
会場
アクロス福岡地下2階イベントホール
参加者
600名

アカデミー賞8部門受賞の『スラムドッグ$ミリオネア』など数多くの映画音楽を担当し、インドの音楽・映画業界を牽引するA.R.ラフマーン氏。南アジアの伝統音楽とクラシック音楽、ポップスを融合し、普遍的でありながらインドの息吹を失わない音楽は、世界中の人々を魅了し続けています。ラフマーン氏が音楽への熱い思いを語り、パフォーマンスを披露する必見の豪華イベントです。

アンベス・R・オカンポ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
歴史における記憶と忘却:日本とフィリピンの関係から考える
開催日時
2016年9月18日(日)/11:00~13:00(開場/10:30)
会場
アクロス福岡地下2階イベントホール
参加者
200名

フィリピンは、アジア太平洋戦争の激戦地となり、日本兵・軍属は約50万、フィリピン側は110万人を超える犠牲者を出しました。戦争の災禍を越えて、今、両国の関係は良好です。戦争をはさんだ長い交流を振り返り、未来に向けた歴史の語り方・伝え方を考えます。

ヤスミーン・ラリ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
災害から創造的復興へ:素足の被災者を蘇らせたラリの草の根建築デザイン
開催日時
2016年9月18日(日)/14:00~16:00(開場/13:30)
会場
アクロス福岡地下2階イベントホール
参加者
200名

日本と同様に災害の多い国、パキスタン。ラリ氏は、2005年に7万人以上もの死者を出したパキスタン大地震を機に、人道支援活動に力を注いできました。持続可能な未来に向けた災害復興支援の方法とは!?文化遺産保護も手掛けるラリ氏が災害に強い社会づくりについて熱く語ります。