大きく
小さく

文字サイズ:

2017年市民フォーラムレポート

2017年大賞受賞/パースック・ポンパイチット および クリス・ベーカー

forum1-main.jpg
タイトル
愛と喪失の物語:三つのタイ古典文学と、今を生きる私たちへのメッセージ
開催日時
2017年9月24日(日)/11:00~13:00
会場
エルガーラホール 8F 大ホール

愛、その抗しがたい魅力、喪失、その別離の悲哀。愛する歓びと愛を失う苦しみは、人間の心を揺らすもっとも偉大な力だろう。タイの代表的な3つの文芸作品(神話的物語、16世紀の宮廷詩歌、17〜18世紀の民衆叙事詩)を取り上げ、人々を引きつけた魅力と、混迷する現在へのメッセージを考えます。

コメンテーターの宇戸氏
コメンテーターの宇戸氏
ディスカッションの様子
ディスカッションの様子
コーディネーターの清水氏
コーディネーターの清水氏

第1部:パースック・ポンパイチット氏、クリス・ベーカー氏による基調講演

文学的作品が現代社会に問い掛ける 愛の役割、協力の重要性、寛容性

forum1-middle1.jpg 愛、その抗しがたい魅力、喪失、その別離の悲哀。愛する喜びと愛を失う苦しみは、人間の心を揺らすもっとも偉大な力でしょう。タイの代表的な3つの古典文学をもとに、愛と喪失というテーマを深く説いていきたいと思います。

 『スーソン・マノーラ』は、タイでは誰もが知っている物語です。半人半鳥の美しい生き物マノーラは、人間の世界でスーソン王子と深く愛し合い結婚しますが、政治的な陰謀によりそこを追われます。マノーラを探す旅に出たスーソンは、森を抜け、川を渡り、山を越え、長い年月をかけて再会を果たします。この物語は、いろいろな違いがあっても仲良く共存できることを人々に教えています。

 『リリット・プラロー』は4000行もの長い詩です。若き指導者プラローと隣国の王女パーンとペーンは密かに愛し合いますが、両家は敵同士であったため、3人とも虐殺されてしまいます。しかし国王は、3人の亡きがらを一つの棺に安置して壮大な葬儀を執り行い、その遺灰を分骨してそれぞれの国で納骨します。虐殺が和解で終わるこの物語は、仏教徒の慈悲心を表しています。

 『クンチャーン・クンペーン物語』は、地方の口承物語として発達した長編叙事詩。容姿端麗だが貧しいクンペーンと、裕福だが太って醜いクンチャーンという2人の男性が、美女ワントーンを巡って争う三角関係の物語です。情熱的な愛を表現するクンペーンと、安心と安らぎを与えてくれるクンチャーン。どちらか1人を選ぶことができない優柔不断な娘ワントーンに、王は死刑を宣告します。

  この3つの作品の中心にあるのは愛ですが、単なる恋物語ではなく、深く大切なものが描かれています。愛の役割や協力の重要性をたたえた文学作品は数多くあり、人類の歴史の中でこれらの価値観が果たしてきた役割を、私たちは忘れてはなりません。

第2部:パネルディスカッション

文化の違いを超えた両氏の共同作業はタイ古典文学に見る愛と協力そのもの

 基調講演を受けて清水氏は、「お二人は身をもって、文化の違いを超えた愛と協力を続けてこられた。その息の合った掛け合いは、まるでシェイクスピアの朗読劇のようだった」と感想を述べました。

 続いて宇戸氏が、基調講演の背景となったタイ古典文学について、時代区分と主要作品、大まかな特徴などを解説し、「中でも基調講演で取り上げられた3作品は傑出している」と述べました。宇戸氏自身も研究対象としている『クンチャーン・クンペーン物語』を「アユタヤ時代の政治、経済、社会、文化、風俗、民間信仰が実によく表れ、格言や金言の宝庫でもある重要な作品」と位置付け、両氏が長年かけて英訳した意義を高く評価。「経済学者・歴史学者という立場のお2人が古典文学に熱意を注ぎ、見事な共同作業によって文学研究者をしのぐ成果を出した」と、功績をたたえました。

 また、会場からの「物語の中に森に逃げる場面があるが、タイでは森はどういう意味を持つのか」という質問に対して両氏は「危険が潜む場所であるとともに、社会や権力に抵抗する勢力が身を隠す場所」と説明しました。

forum1-middle2.jpg

2017年学術研究賞受賞/王 名(ワン・ミン)

forum2-main.jpg
タイトル
環境問題における日中協力の課題と可能性:市民社会の現在と未来
開催日時
2017年9月23日(土)/13:00~14:30
会場
エルガーラホール 8F 大ホール

経済の持続的な高度成長に伴い、中国は様々な環境問題に直面しています。そのような状況に対して環境NGOを柱とする中国の市民社会は積極的な役割を果たしています。一方、日本の市民社会は環境問題に立ち向かってきた長い歴史があり、日中の市民社会には、環境問題に取り組むうえで広範な協力の可能性があります。今回、日中の環境問題における市民社会の現在と未来について考えます。

コメンテーターの大塚氏
コメンテーターの大塚氏
ディスカッションの様子
ディスカッションの様子
コーディネーターの天児氏
コーディネーターの天児氏

第1部:王 名(ワン・ミン)氏による基調講演

経済成長を遂げた中国の環境汚染問題とその解決に取り組むNGOの発達

forum2-middle1.jpg まず、中国経済急成長の裏、中国環境汚染の大きな課題について説明します。改革開放以来、中国は史上最大の経済成長を実現しました。その一方、大気・水・土壌の汚染、砂漠化、かん害・水害、生物多様性の破壊、ゴミ処理・食品安全・ダム建設問題、ガンや公害病の増加などの環境問題が爆発的に発生しています。大気汚染でいえばPM2.5の値が500を超える日があり、ガスマスクをして通勤する姿も見られました。

 環境汚染が厳しさを増す中、それに問題意識を持ち、改善・解決に向けて行動するNGO団体も発達してきました。1988年に数千だったNGOの団体数は現在70万に上り、その中で環境分野のNGOは6689団体あります。

 環境NGOの第一の活動は情報公開であり、代表的な団体は「IPE(公衆環境研究センター)」です。彼らはインターネットで水と空気の汚染地図を公開。企業とグリーンサプライチェーンを構築し、アプリを開発、ガバナンスの過程・結果を公開して政府や企業の環境情報、地域汚染源などを市民に知らせました。

 水源地調査やダム反対運動などを行う「緑家園」、村民と一緒に水田保護を行う「淮河衛士」のほか、多くのNGOが植林事業、公益訴訟活動、災害救援、ゴミ対策、野生動物保護などに取り組んでいます。中国のNGOは日本に学ぶことが多いと認識し、日中環境交流を環境保護活動の戦略の一つだと考えています。私自身も中国のNGOや報道機関を連れて水俣を訪れ、著書などで日本のNPO活動を中国の人々に広めました。

 2015年に環境保護法が制定され、中国は今後、環境問題において新たな局面を迎え、「環境問題の深刻化と複雑化」「法律制度の整備化」「中央と地方の政策の協力化」「市民と企業参加の活発化」が進むと考えられます。NGOにも「プラットフォーム化」「ネットワーク化」「専門化」「政府とNGOの協働化」という新たな動きが求められます。日中の協力も「資金支援から協力協働へ」「国ベースからコミュニティベースへ」「プロジェクトベースから問題ベースへ」「政府主導から民間主体へ」の転換が求められ、新しい挑戦を迎えます。しかし、それは市民にとって協力の良い機会となることでしょう。

第2部:パネルディスカッション

中国におけるNGOの今後の課題と日中の環境協力の可能性とは

天児氏は王氏の幅広いネットワークと活動力による功績を紹介し、日中国交正常化45周年の年に受賞した意味は大きいと称えました。大塚氏は、ジャーナリストらが立ち上がったという中国のNGO誕生の背景や若者による新しい動きを紹介しました。NGOと政府との関係を危惧する会場からの質問に、王氏は「今や政府だけでは解決できず、法整備が進む一方、若いリーダーが政府や企業から支援を受けている」と活動の変化を説明。日中の協力について「日本の環境汚染・公害問題の解決策は良きモデル。その経験と教訓を学ぶため市民レベルの協働が必要」と回答。天児氏は環境協力という新しいスタイルで良好な日中関係を築けるとの期待を寄せました。

forum2-middle2.jpg

2017年芸術・文化賞受賞/コン・ナイ

forum3-main.jpg
タイトル
未来につなぐカンボジアの心:コン・ナイの語り物音楽の世界
開催日時
2017年9月23日(土)/16:00~17:30
会場
イムズ 9F イムズホール

カンボジアには、チャパイという弦楽器を弾きながら、様々な物語やできごと、感情を謳い上げる語り物音楽があります。コン・ナイ氏は現代にこの貴重な音楽を伝える数少ない伝承者の一人です。氏はしばしば「カンボジアのレイ・チャールズ」と称されますが、それは過酷な経験に裏打ちされた氏の音楽が、ブルーズやソウル音楽のように、聴く者の心に深く響くからです。このフォーラムでは、コン・ナイ氏の音楽を通して、カンボジアの豊かな精神世界を味わいます。

カンボジア音楽について語る寺田氏
カンボジア音楽について語る寺田氏
クメール美術について解説する久保氏
クメール美術について解説する久保氏
コーディネーターの寺内氏
コーディネーターの寺内氏

第1部:対談

音楽とクメール美術にみるカンボジアの独特で豊かな芸術文化

forum3-middle1.jpg 寺田氏は、2005年、カンボジアを訪れた際に「カンボジアのレイ・チャールズ」と称されるコン・ナイ氏の新聞記事を目にしてすぐさま会いにいき、素晴らしい表現力に感激したエピソードを披露。その後、カンボジア音楽について写真や音を交えながら解説しました。

 冒頭に人口の9割を占めるクメール人をはじめ、ベトナム人、中国人、21の少数民族が住むカンボジアの多様性を紹介。音楽は宮廷音楽や民俗音楽、宗教音楽から成る伝統音楽と、西洋から入ったポピュラー音楽に分類できると説明しました。宮廷音楽は文字通り宮廷で発達したもので、舞踊、影絵芝居、仮面劇等があると話し、民俗音楽には人生儀礼、精霊儀礼等があり、コン・ナイ氏の語り物もこれに属すると紹介。国の独特な文化と風習、そこで演奏される楽器と音色が披露されると、聴衆は興味深く耳を傾けていました。寺田氏は約200万人の国民が虐殺されたポル・ポト政権時代へと話を進め、9割の音楽家や舞踊家が命を落とした悲劇を語った後、コン・ナイ氏が生き延びて音楽を続けていることは奇跡だと喜び、今回の受賞を称えました。

 デモンストレーションでは寺内氏、寺田氏とコン・ナイ氏の対談が行われ、語り物に使うチャパイという楽器や韻を踏み即興で作る歌詞についてコン・ナイ氏自ら解説。語り物の奥深さと氏の明るいキャラクターに魅了されて笑いが起こる一方、ポル・ポト政権の利点を歌わされた暗い過去を話し始めると会場は静まり返りました。

 後半は、ヒンドゥー文化の影響を受けたクメール美術について、久保氏が解説しました。語り物で演奏される『リアムケー』はインドの一大叙事詩『ラーマーヤナ』を基にしたものであり、アンコールワット遺跡などの彫刻もこの叙事詩の影響を受けていると紹介。詩の内容は、ヴィシュヌ神の化身であるラーマ王が妻とともに国を追われて島に送られ、そこで残虐な魔物たちと戦い、再び都へ戻っていく冒険物語。話は時代とともに変化しながら語り継がれ、またカンボジアなど東南アジアに伝来。その土地にあう形に変異していき、各シーンは遺跡の彫刻や絵画になっていると紹介しました。

 日本ではまだ、なじみの薄いカンボジアの音楽とクメール美術、物語の詳細を聞き、聴衆はコン・ナイ氏の語り物への関心、理解がより深まった様子でした。

forum3-middle2.jpg

第2部:コン・ナイ氏によるライブ演奏

第2部はコン・ナイ氏のコンサートが行われました。最初は久保氏が解説した『リアムケー』の一節。コン・ナイ氏は王位を辞したリアムが宮廷から森へ去っていくシーンを朗々と歌い上げ、聴衆は韻を踏んだ詩とチャパイの素朴な音色に耳を澄ましていました。その後、結婚する娘を送り出す母親の気持ちを歌った『カット・カン・スラー』、視力を失ったコン・ナイ氏の境遇を詩にした『目の見えない者の人生』と続き、この曲は今回のために新しく作った歌だと紹介。最後は陽気に盛り上がる『ラムリアウ』に聴衆から手拍子が送られ、会場が一体となった楽しいステージとなりました。寺内氏は復興目覚ましいカンボジアの現況を話し、伝統音楽が若い人々に継承されて欲しいとの願いを込めてフォーラムを締めくくりました。

forum3-middle3.jpg

forum3-lyrics1.jpg

forum3-lyrics2.jpg

福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

福岡アジア文化賞授賞式の様子や各種イベントのレポートを含めた2017年度の事業報告書を、PDF形式でダウンロードいただけます。

2017年福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

各種イベントレポート

2017年度の市民フォーラム以外のイベントレポートをご覧いただけます。