大きく
小さく

文字サイズ:

2017年イベント日程

2017年(第28回)福岡アジア文化賞授賞式

ceremony-top.jpg
開催日時
2017年9月21日(木)/18:30~20:00(開場/17:30)
会場
アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神)

第28回福岡アジア文化賞授賞式は、歴代受賞者が映像で紹介された後、福岡市少年少女合唱団による美しいハーモニーで幕を開けました。

秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと、カンボジア、中華人民共和国、タイ、英国、ベトナム社会主義共和国のご来賓、各界関係者、多くの市民がステージに注目します。受賞者がステージに姿を現すと、拍手がひと際大きくなりました。晴れやかな中にも温もりのある雰囲気は、ホスピタリティマインドにあふれた福岡市らしい、また市民が贈る賞にふさわしいものです。

最初に主催者を代表して髙島宗一郎福岡市長が登壇。賞の意義とその精神を伝え、この賞によってアジア地域の人々の交流がより一層深まり、文化振興と相互理解、平和への貢献につながっていくよう祈念して挨拶を結びました。

続いて秋篠宮殿下より先の九州北部豪雨へのお見舞いと受賞者へのお祝いのお言葉を賜りました。審査委員長の久保千春九州大学総長より選考経過が報告された後、受賞者へ贈賞。賞状とメダルが授与され、観客から大きな拍手が送られると、緊張した面持ちだった受賞者の顔に笑みがこぼれました。福岡インターナショナルスクールの子どもたちからもお祝いの花束が贈られました。

第2部は、100年以上の歴史を持つ九大フィルハーモニー・オーケストラによる『ディヴェルティメントニ長調ケッヘル136より第1楽章』(モーツァルト作曲)の演奏で幕開け。受賞者による喜びのスピーチが行われ、コン・ナイ氏はこの日のために作曲した『福岡での受賞式に向けて』という曲を披露してくださいました。最後に、筑前琵琶奏者の寺田蝶美氏による『平家物語 那須与一』が演奏され、言語やハンディキャップの壁を越えて誰もが楽しめる、またお祝いの席にふさわしい華やかな式となりました。

市民フォーラム

パースック・ポンパイチット および クリス・ベーカー氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
愛と喪失の物語:三つのタイ古典文学と、今を生きる私たちへのメッセージ
開催日時
2017年9月24日(日)/11:00~13:00
会場
エルガーラホール 8F 大ホール

愛、その抗しがたい魅力、喪失、その別離の悲哀。愛する歓びと愛を失う苦しみは、人間の心を揺らすもっとも偉大な力だろう。タイの代表的な3つの文芸作品(神話的物語、16世紀の宮廷詩歌、17〜18世紀の民衆叙事詩)を取り上げ、人々を引きつけた魅力と、混迷する現在へのメッセージを考えます。

王 名(ワン・ミン)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
環境問題における日中協力の課題と可能性:市民社会の現在と未来
開催日時
2017年9月23日(土)/13:00~14:30
会場
エルガーラホール 8F 大ホール

経済の持続的な高度成長に伴い、中国は様々な環境問題に直面しています。そのような状況に対して環境NGOを柱とする中国の市民社会は積極的な役割を果たしています。一方、日本の市民社会は環境問題に立ち向かってきた長い歴史があり、日中の市民社会には、環境問題に取り組むうえで広範な協力の可能性があります。今回、日中の環境問題における市民社会の現在と未来について考えます。

コン・ナイ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
未来につなぐカンボジアの心:コン・ナイの語り物音楽の世界
開催日時
2017年9月23日(土)/16:00~17:30
会場
イムズ 9F イムズホール

カンボジアには、チャパイという弦楽器を弾きながら、様々な物語やできごと、感情を謳い上げる語り物音楽があります。コン・ナイ氏は現代にこの貴重な音楽を伝える数少ない伝承者の一人です。氏はしばしば「カンボジアのレイ・チャールズ」と称されますが、それは過酷な経験に裏打ちされた氏の音楽が、ブルーズやソウル音楽のように、聴く者の心に深く響くからです。このフォーラムでは、コン・ナイ氏の音楽を通して、カンボジアの豊かな精神世界を味わいます。