大きく
小さく

文字サイズ:

2017年学校訪問レポート

2017年大賞受賞/パースック・ポンパイチット および クリス・ベーカー

school1-main.jpg
開催日時
2017年9月22日(金)/11:10~12:30
会場
福岡市立福岡女子高等学校

2017年度、大賞受賞のパースック・ポンパイチット氏および クリス・ベーカー氏が、福岡アジア文化賞公式イベントの一環として、福岡市西区にある福岡市立福岡女子高等学校を訪問しました。

“常に新しいことを学び、変化を恐れないで”

最初にパースック氏が自らの生い立ちを語りました。夜明け前に起きて蒸気船でバンコクの学校に通った子ども時代。経済学者を目指し、勉学に明け暮れた大学生活。ベーカー氏とともにタイに帰国してからのこと。「子どものころから文学、歴史、世界、社会、政治、人間に関心があった。今は、最初に好きになったものに取り組んでいる。それが文学」と語りました。

続いてベーカー氏が半生を振り返りました。子ども時代に本をたくさん読んだこと。大学に入る前に外国各地を旅したこと。大学で出会ったパースック氏とタイに移り住んでからのこと。今回の受賞については、「女性と男性、タイと英国、経済学者と歴史学者、さまざまな違いの中から前向きなプラスの結果を出すことに成功した」と喜びを口にしました。

生徒からの「自立した女性になるには?」という質問にパースック氏は「自分の価値を見出し、他人のことも理解するよう努めて」と助言。「世界で活躍するには?」という質問にベーカー氏は「常に新しいことを学び、変化を恐れないで」と答えました。

講演するベーカー氏
講演するベーカー氏
拍手で2人を迎える生徒たち
拍手で2人を迎える生徒たち
生徒からの質問に答える2人
生徒からの質問に答える2人

2017年学術研究賞受賞/王 名(ワン・ミン)

school2-main.jpg
開催日時
2017年9月22日(金)/10:40~12:00
会場
西南学院大学

2017年度、学術研究受賞の王 名(ワン・ミン)氏が、福岡アジア文化賞公式イベントの一環として、福岡市早良区にある西南学院大学を訪問しました。

“永遠の好奇心、無限の堅持力、そして強い説得力が人生にとって大きなポイント”

日本留学の経験のある王氏は、流ちょうな日本語で「私を考える」をテーマにこれまでの人生を学生に語りました。

王氏は高校入学と同時に兵役についたため高校に行けず、自学して大学進学したエピソードを披露。大学時代に改革開放の恩恵を受け、有意義な研究生活を送ることができ、その後、西安で教鞭を取って以来、教師生活が34年になると話しました。日本留学していた際、阪神・淡路大震災を機にNGOの活動に触れ、以降NGO研究に没頭したと振り返りました。

また、NGO研究を20年以上続けられた理由、未来が見えず辛い時も勉強や仕事を続けられた理由、15年間に147件の政策提案をし、法制度の改正等に関われた理由について、それぞれ好奇心、堅持力、説得力によるものだと自己分析。永遠の好奇心、無限の堅持力、そして強い説得力が人生にとって大きなポイントだと話しました。

文化大革命や改革開放など政治情勢が変化する中、未来に向けて勉強や研究を続けてきた王氏の話は興味深く、学生は熱心に聞き入っていました。

西南学院大学学長K.J.シャフナー氏
西南学院大学学長K.J.シャフナー氏
講演する王 名氏
講演する王 名氏
生徒からの花束贈呈に笑顔
生徒からの花束贈呈に笑顔

2017年芸術・文化賞受賞/コン・ナイ

school3-main.jpg
開催日時
2017年9月22日(金)/13:55~15:20
会場
和白中学校

2017年度、芸術・文化賞受賞のコン・ナイ氏が、福岡アジア文化賞公式イベントの一環として、福岡市東区にある和白中学校を訪問しました。

“日本語はわからないが、歌の美しさはわかる”

和白中学校は、コン・ナイ氏の訪問を前に生徒でアジアウイーク実行委員会を作り、アジア諸国の歴史や文化を学ぶ「アジアウイーク」を実施。当日は全校生徒が集合し、委員会の進行によって交流会が開かれました。コン・ナイ氏が紹介され、全員で声を合わせカンボジア語で挨拶すると、コン・ナイ氏の顔に笑みがこぼれました

寺内氏からカンボジアの歴史と音楽に関する説明を受けた後、コン・ナイ氏が受賞の喜びの歌や『リアムケー』などを演奏しました。そのお礼に生徒たちは全員で『ふるさと』を合唱。見事なコーラスをコン・ナイ氏に贈りました。

生徒から「一番大変だったこと」を問われたコン・ナイ氏は「視力を失くしたこと」と答え、「チャパイとの出会い」については「父からチャパイを買ってもらった13歳の時、お祭りで聞いたチャパイの音を思い出し、弾き語りで生活できるのではないかと考えた」と振り返りました。

コン・ナイ氏は「日本語はわからないが、歌の美しさはわかる。皆と交流できて感動した」と改めてお礼を述べました。最後に生徒全員で校歌を斉唱し、コン・ナイ氏を囲んで記念撮影。和やかなひとときを過ごしました。

アジア諸国の歴史や文化を学ぶ「アジアウィーク」の展示
アジア諸国の歴史や文化を学ぶ「アジアウィーク」の展示
息子のコン・ボラン氏、通訳をしてくださった東京外国語大学非常勤講師の福富友子氏と
息子のコン・ボラン氏、通訳をしてくださった東京外国語大学非常勤講師の福富友子氏と
受賞の喜びの歌や『リアムケー』を披露
受賞の喜びの歌や『リアムケー』を披露

福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

福岡アジア文化賞授賞式の様子や各種イベントのレポートを含めた2017年度の事業報告書を、PDF形式でダウンロードいただけます。

2017年福岡アジア文化賞年次報告書ダウンロード

各種イベントレポート

2017年度の学校訪問以外のイベントレポートをご覧いただけます。