大きく
小さく

文字サイズ:

2018年イベント日程

2018年(第29回)福岡アジア文化賞授賞式

2018ceremony-top_e.jpg
開催日時
2018年9月20日(木)/18:30~20:00(開場/18:00)
会場
アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神1-1-1)

映像による歴代受賞者の紹介で幕を開けた第29回福岡アジア文化賞授賞式。秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと、各国のご来賓、各界関係者、大勢の福岡市民が一堂に会し、式はスタートしました。

満席の観客が見守る中、受賞者がステージに登場すると会場は拍手喝采が巻き起こり、受賞を祝う温かい空気に包まれました。

最初に主催者を代表して高島宗一郎福岡市長が登壇し、アジア文化賞の意義と100名を超える受賞者について紹介。文化の振興と相互理解及び平和への貢献という福岡アジア文化賞の精神が多くの人々に深く理解され、アジアへそして世界へと広がっていくことを祈念しました。

続いて秋篠宮殿下より受賞者へのお祝いのお言葉を賜りました。審査委員長の久保千春九州大学総長より選考経過が報告された後、受賞者へ贈賞。高島市長と藤永憲一福岡よかトピア国際交流財団理事長より賞状とメダルが授与されました。福岡インターナショナルスクールの子どもたちからお祝いの花束が贈られると、受賞者の顔に笑みがあふれ、観客からも盛大な拍手が送られました。

第2部は、福岡大学附属若葉高等学校の津軽三味線部による『津軽じょんがら節』の力強い演奏で幕開け。受賞者による喜びのスピーチが行われた後に、事前に市民から寄せられた質問をもとにインタビューの場が設けられました。最後に、受賞者のティージャン・バーイー氏がパンダワーニーのパフォーマンスを披露。インドの大叙事詩『マハーバーラタ』に描かれている戦争シーンのクライマックスを歌語りで披露してくださいました。生演奏をバックに迫力あふれるパフォーマンスで、観客をパンダワーニーの世界へいざない、今まで以上に楽しく華やかな授賞式となりました。

市民フォーラム

賈 樟 柯(ジャ・ジャンクー)氏 氏による市民フォーラムのご案内

タイトル
賈樟柯の映画の原点:中国の"今"を撮る
開催日時
2018年9月19日(水)/18:30~21:30
会場
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
パネリスト
行定 勲氏(映画監督)、市山 尚三氏(映画プロデューサー)
コーディネーター
石坂 健治氏(福岡アジア文化賞芸術・文化賞選考委員長、日本映画大学教授、東京国際映画祭「アジアの未来」部門プログラミング・ディレクター)

賈樟柯監督作品『山河ノスタルジア』の上映に続いて、賈監督を囲んでのパネルディスカッションを開催。学生時代から携わってきた映画づくりの原点からこれまでの作品に込めた思いまで、幅広く"賈樟柯の世界"を語り合いました。

末廣 昭氏 氏による市民フォーラムのご案内

タイトル
私のアジア経済論40年:キャッチアップ型工業化論からデジタル経済論へ
開催日時
2018年9月22日(土)/11:00~13:00
会場
福岡市科学館 6階 サイエンスホール
パネリスト
大泉 啓一郎氏(日本総合研究所上席主任研究員)
コーディネーター
清水 一史氏(福岡アジア文化賞学術研究賞選考委員、九州大学大学院経済学研究院教授)

躍動するいまのアジアをどう捉えたらよいのか。日本のモノづくりをモデルとする「キャッチアップ型工業化論」から、韓国・台湾企業による日本企業の追い抜き、そして、情報通信の技術と消費者の大量データがモノづくりの方向性を規定する現在のデジタル経済論まで、アジア経済をみる視点のダイナミックな変遷が、本人の研究の試行錯誤と重ねて紹介されました。

ティージャン・バーイー氏 氏による市民フォーラムのご案内

タイトル
パンダワーニーの世界:インド古代叙事詩の歌語り
開催日時
2018年9月22日(土)/16:00~18:00
会場
福岡市科学館 6階 サイエンスホール
講演者
村山 和之氏(中央大学および和光大学非常勤講師)
講演者
沖田 瑞穂氏(日本女子大学家政学部および白百合女子大学非常勤講師、中央大学文学部兼任講師)
コーディネーター
小磯 千尋氏(金沢星稜大学教養教育部准教授)

インドの2大叙事詩の1つ『マハーバーラタ』は、紀元前1000年頃に北インド平原部において、いとこ同士で戦った王子たちの戦記。ティージャン・バーイー氏は、その様子を歌語りにしたパンダワーニーを現代に伝える第一人者です。氏が三味線のような弦楽器を手に、伴唱者とともに朗々と歌い上げると、まるで戦を目の当たりにするような臨場感に包まれます。

ティージャン・バーイー氏は、先住民であり女性であることで、二重にインド社会から差別されてきた中で、類まれな天賦の才と強い意志をもって歌い続け、女性や虐げられた人々に勇気・希望と励ましを与え続けてきました。