大きく
小さく

文字サイズ:

2018年イベント日程

2018年(第29回)福岡アジア文化賞授賞式

ceremony2018pre.jpg
開催日時
2018年9月20日(木)/18:30~20:00(開場/18:00)
会場
アクロス福岡1階 福岡シンフォニーホール(福岡市中央区天神1-1-1)

 

 

2018年9月20日(木)に、第29回福岡アジア文化賞の授賞式を開催いたします。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

市民フォーラム

賈 樟 柯(ジャ・ジャンクー)氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
賈樟柯の映画の原点:中国の"いま"を撮る
開催日時
2018年9月19日(水)/18:30~21:30
会場
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
パネリスト
行定 勲氏(映画監督)、市山 尚三氏(映画プロデューサー)
コーディネーター
石坂 健治氏(福岡アジア文化賞芸術・文化賞選考委員長、日本映画大学教授)

賈樟柯監督作品『山河ノスタルジア』を上映します。大きな変貌をとげる中国の故郷に一人残る母と、幼くして父に引き取られ、遠く異国で暮らす息子との親子の愛を、監督自身の思い、経験を重ねながら作られた作品です。

カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品で、賈監督は、本作で、サンセバスチャン国際映画祭観客賞、台湾金馬奨オリジナル脚本賞・観客賞、アジアン・フィルム・アワード最優秀脚本賞等を受賞。

上映に続いて、賈監督を囲み、学生時代から携わってきた映画作りの原点から、これまでの作品に込めた思いまで、幅広く"賈樟柯の世界"を語り合います。

末廣 昭氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
私のアジア経済論40年:キャッチアップ型工業化論からデジタル経済論へ
開催日時
2018年9月22日(土)/11:00~13:00
会場
福岡市科学館 6階 サイエンスホール
パネリスト
大泉 啓一郎氏(日本総合研究所上席主任研究員)
コーディネーター
清水 一史氏(福岡アジア文化賞学術研究賞選考委員、九州大学大学院経済学研究院教授)

躍動するいまのアジアをどう捉えたらよいのか。日本のモノづくりをモデルとする「キャッチアップ型工業化論」から、韓国・台湾企業による日本企業の追い抜き、そして、情報通信の技術と消費者の大量データがモノづくりの方向性を規定する現在のデジタル経済論まで、アジア経済をみる視点のダイナミックな変遷を、本人の研究の試行錯誤と重ねて紹介します。

ティージャン・バーイー氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
パンダワーニーの世界:インド古代叙事詩の歌語り
開催日時
2018年9月22日(土)/16:00~18:00
会場
福岡市科学館 6階 サイエンスホール
講演者
村山 和之氏(中央大学および和光大学非常勤講師)
講演者
沖田 瑞穂氏(日本女子大学家政学部および白百合女子大学非常勤講師、中央大学文学部兼任講師)
コーディネーター
小磯 千尋氏(金沢星稜大学教養教育部准教授)

インドの2大叙事詩の1つ『マハーバーラタ』は、紀元前1000年頃に北インド平原部において、いとこ同士で戦った王子たちの戦記です。ティージャン・バーイー氏は、その様子を歌語りにしたパンダワーニーを現代に伝える第一人者です。氏が「エクタール」という三味線のような弦楽器を手に、伴唱者とともに朗々と歌い上げると、まるで戦を目の当たりにするような臨場感に包まれます。

ティージャン・バーイー氏は、先住民であり女性であることで、二重にインド社会から差別されてきた中で、類まれな天賦の才と強い意志をもって歌い続け、女性や虐げられた人々に勇気・希望と励ましを与え続けてきました。

※ティージャン・バーイー氏によるパンダワーニーのパフォーマンス、村山和之氏と沖田瑞穂氏による講演等が行われます。
※講演は日本語及びヒンディー語で行われます(日本語への逐次通訳有)。