大きく
小さく

文字サイズ:

2019年市民フォーラムレポート

2019年大賞受賞/ランドルフ・ダビッド

タイトル
フィリピン社会 ~民衆主役の社会発展の模索~
開催日時
2019年9月13日(金)/18:30~20:30
会場
福岡市科学館 6F サイエンスホール
対談者
藤原 帰一氏(東京大学未来ビジョン研究センター長・法学政治学研究科教授)
コーディネーター
清水 展氏(関西大学特任教授、京都大学名誉教授)

KFujiwara.jpgフィリピン大学で第三世界研究所を創設し、新興独立国が抱える問題や対策などの研究を行ってきたランドルフ・ダビッド氏が、藤原帰一氏(東京大学未来ビジョン研究センター長・法学政治学研究科教授)とともに、ピープル・パワー革命(1986年)とその後の政権を中心としたフィリピン社会について語ります。

大賞受賞者、ランドルフ・ダビッド氏をお迎えし、福岡市科学館 6F サイエンスホールにて市民フォーラムを行います。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

大賞受賞者、ランドルフ・ダビッド氏をお迎えし、福岡市科学館 6F サイエンスホールにて市民フォーラムを行います。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

2019年学術研究賞受賞/レオナルド・ブリュッセイ

タイトル
17世紀の東アジア海域と三人の冒険商人
開催日時
2019年9月13日(金)/15:00~17:00
会場
福岡市科学館 6階 サイエンスホール

グローバルな視野から近世東アジアの海域史を開拓してきたブリュッセイ氏。本フォーラムでは、17世紀初頭にこの海域で活躍した三人の冒険商人(角倉了以、ヤン・ピーテルスゾーン・クーン、鄭芝龍)の事績を通して、その時代の東アジア各地域の状況と相互の連関、そして彼らの活動が残した歴史的遺産について語ります。

学術研究賞受賞者、レオナルド・ブリュッセイ 氏をお迎えし、福岡市科学館 6階 サイエンスホールにて市民フォーラムを行います。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

学術研究賞受賞者、レオナルド・ブリュッセイ 氏をお迎えし、福岡市科学館 6階 サイエンスホールにて市民フォーラムを行います。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

2019年芸術・文化賞受賞/佐藤 信

タイトル
アジア、演劇、そして人びと:〈出会い〉を組織する
開催日時
2019年9月12日(木)/19:00~21:00
会場
アクロス福岡 B2F イベントホール
パネリスト
高橋 宏幸氏(演劇評論家、桐朋学園芸術短期大学専任講師)
対談者
渡辺 えり氏(劇作家、演出家、女優、日本劇作家協会会長)
コーディネーター
内野 儀氏(学習院女子大学日本文化学科教授)

2019watanabe.jpg 2019takahashi.jpg演出家・劇作家として、現代的感覚と伝統的美意識を融合させた優れた舞台を数多く制作してきた佐藤信氏。本フォーラムでは、前半で演劇批評家・高橋宏幸氏を交え佐藤氏の仕事を振り返り、後半で劇作家、日本劇作家協会会長で女優の渡辺えり氏を迎え、日本の現代演劇の未来やアジアとの国際交流について対談します。

 

芸術・文化賞受賞者、佐藤信氏をお迎えし、アクロス福岡 B2F イベントホールにて市民フォーラムを行います。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

芸術・文化賞受賞者、佐藤信氏をお迎えし、アクロス福岡 B2F イベントホールにて市民フォーラムを行います。入場は無料です。みなさまからのお申込みをお待ちしています。

各種イベントレポート

2019年度の市民フォーラム以外のイベントレポートをご覧いただけます。