大きく
小さく

文字サイズ:

地域研究受賞者一覧

テッサ・モーリス=スズキ顔写真
2013年(第24回)学術研究賞受賞
テッサ・モーリス=スズキ
Tessa MORRIS-SUZUKI
オーストラリア/アジア地域研究者(オーストラリア国立大学教授・オーストラリア研究会議特別フェロー)

テッサ・モーリス=スズキ氏は、卓越したアジア地域研究者である。民族や国家の境界を越え、新しい地域協力や市民社会のあり方を構想し続けるモーリス=スズキ氏は、グローバルな知識人としてアジアの人々の相互・・・続きをみる »

毛里 和子顔写真
2010年(第21回)学術研究賞受賞
毛里 和子
MORI Kazuko
日本/現代中国研究者(早稲田大学名誉教授)

毛里和子氏は政治学者で、日本における現代中国研究の第一人者である。アジア地域研究の共通基盤となる方法的枠組みの構築に大きく貢献するとともに、中国研究、アジア地域研究の組織化、国際学術交流の分野でも・・・続きをみる »

外間 守善顔写真
2003年(第14回)大賞受賞
外間 守善
HOKAMA Shuzen
日本/沖縄学者(法政大学名誉教授・沖縄学研究所所長)

「沖縄学」を大成し、伝統的な言語・文学・文化の分野を中心に常に沖縄研究をリードしてきた研究者。アジアの中で日本を考えるときに重要な位置を占める沖縄の伝統的な文化の研究にかかわり、それを「沖縄学」と・・・続きをみる »

キングスレー・ムトゥムニ・デ・シルワ顔写真
2002年(第13回)学術研究賞受賞
キングスレー・ムトゥムニ・デ・シルワ
Kingsley Muthumuni DE SILVA
スリランカ/歴史学者(国際民族問題研究センター所長)

南アジアを代表する歴史学者。スリランカにおける植民地時代の実証研究を通じて、歴史学研究に優れた貢献をするとともに、民族間の対立や自決権にも深い関心を持ち続ける。歴史研究と民族問題の双方にまたがる境・・・続きをみる »

アンソニー・リード顔写真
2002年(第13回)学術研究賞受賞
アンソニー・リード
Anthony REID
オーストラリア/歴史学者(シンガポール国立大学アジア研究所所長)

東南アジア史研究を先導する歴史学者。主著『大航海時代の東南アジア』などで、地域における民衆の生活史の視点から東南アジア史に新境地を拓き、国際的に高く評価されている。さらに一国史の枠を越える新しい地・・・続きをみる »

ベネディクト・アンダーソン顔写真
2000年(第11回)学術研究賞受賞
ベネディクト・アンダーソン
Benedict ANDERSON
アイルランド/政治学者(コーネル大学教授)

世界的に著名な政治学者、東南アジア地域研究者。タイ、フィリピン、特にインドネシア研究を基点としながら、文化と政治に関して世界規模の比較歴史的研究を推進し、主著『想像の共同体』はナショナリズム研究に・・・続きをみる »

1  2