大きく
小さく

文字サイズ:

モーラル・エコノミー〜東南アジアの農民叛乱と生存維持

モーラル・エコノミー〜東南アジアの農民叛乱と生存維持
モーラル・エコノミー〜東南アジアの農民叛乱と生存維持

第21回福岡アジア文化賞学術研究賞受賞のジェームズ・C・スコット氏による著書。スコット氏を一躍世界の潮流に押し上げた「モラル・エコノミー論争」と呼ばれる学際的議論を呼びおこした名著。

  • 著作者/ジェームズ・C・スコット
  • 出版元/勁草書房
  • 発売日/1997年07月
  • 単行本/309ページ
  • 言語/日本語(翻訳:高橋 彰)
  • ISBN-10/4326501669
  • ISBN-13/978-4326501663

植民地化・市場経済化の過程の中で、東南アジアの農民叛乱はなぜ生じたか。農民社会のモーラル・エコノミーの世界を風化変容させ、抵抗や叛乱を誘発したその原因を、農民の生存維持という倫理的な面から捉えた労作。 (「Bookデータベース」より)