大きく
小さく

文字サイズ:

日中関係 なにが問題か-1972年体制の再検証

日中関係 なにが問題か-1972年体制の再検証
日中関係 なにが問題か-1972年体制の再検証

政治学者で、日本における現代中国研究の第一人者である毛里和子氏(2010年福岡アジア文化賞学術研究賞受賞)らによる共同討議。

  • 著作者/毛里 和子、 高原 明生、菱田雅晴、村田 雄二郎(編集)
  • 出版元/岩波書店
  • 発売日/2014年09月27日
    • 単行本/184ページ
    • 言語/日本語
    • ISBN-10/4000259954
    • ISBN-13/978-4000259958

戦後最悪といわれる日中関係。いったいいかなる要因で、何が問題なのか? 70年代の日米中関係の大転換に今日の日中が直面する諸課題の源流を求め、日中米ソ関係の大転換の背景は何か、今日の日中関係の悪化は国交正常化の特殊なプロセスがもたらしたものなのかどうか、米国・中国・台湾・日本の学者が一堂に会し、徹底検証する。   (「Amazon」より)