大きく
小さく

文字サイズ:

おてんばコルネリアの闘い : 17世紀バタヴィアの日蘭混血女性の生涯

おてんばコルネリアの闘い : 17世紀バタヴィアの日蘭混血女性の生涯
おてんばコルネリアの闘い : 17世紀バタヴィアの日蘭混血女性の生涯

2019年(第30回)学術研究賞受賞者レオナルド・ブリュッセイ氏の著書。

  • 著作者/レオナルド・ブリュッセイ
  • 出版元/平凡社
  • 発売日/1988年8月22日
    • 単行本/219ページ
    • 言語/日本語
    • ISBN-13/978-4582474299
      ※現在書店では取り扱いがありません。

〈おてんば〉―この言葉は、鎖国下長崎のオランダ人が、日本人女性の御しがたい性格を表現したオランダ語に由来する。本書は、平戸のオランダ商館長を父に、日本人愛妾を母に生れ幼くしてバタヴィア(現、ジャカルタ)へ追われた混血娘の、数奇な一生を描く。17世紀最強の商業国家オランダ―そのアジア植民地社会で、隷属的な地位にあらがった一混血女性のしたたかな闘い。(「BOOKデータベース」より)