大きく
小さく

文字サイズ:

福岡アジア文化賞イベント一覧

2019年、福岡アジア文化賞は30回目という節目の年を迎えます。第30回受賞者への授賞式や受賞者による市民フォーラム、歴代受賞者によるシンポジウムなど、内容盛りだくさんでお届けします。

 

2019年(第30回)福岡アジア文化賞授賞式

※こちらのイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

受賞者3名が一堂に会する授賞式は、受賞者の生の言葉や、アジアの多彩な文化に触れることができる、またとない貴重なチャンスです。<注意事項>をご確認のうえ、ぜひお申し込みください!

開催日時
2019年9月10日(火)/18:30~20:00
会場
福岡国際会議場 3F メインホール(福岡市博多区石城町2−1)

市民フォーラム

受賞者の活動や考えを深く知るならコレ!是非ご来場ください。

大賞受賞者ランドルフ・ダビッド氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
フィリピン社会 ~民衆主役の社会発展の模索~
開催日時
2019年9月13日(金)/18:30~20:30
会場
福岡市科学館 6F サイエンスホール
対談者
藤原 帰一氏(東京大学未来ビジョン研究センター長・法学政治学研究科教授)
コーディネーター
清水 展氏(関西大学特任教授、京都大学名誉教授)

KFujiwara.jpgフィリピン大学で第三世界研究所を創設し、新興独立国が抱える問題や対策などの研究を行ってきたランドルフ・ダビッド氏が、藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)とともに、ピープル・パワー革命(1986年)とその後の政権を中心としたフィリピン社会について語ります。市民フォーラムにつきましては、8月23日で申し込みを締切としておりましたが、当日受付のお席を用意させていただきます。事前の申し込みは不要ですので、当日は、各フォーラムの開始時間までに直接会場にお越しください。(受付は開始時間の15分前です。)なお、受付が多数となった場合は、先着順とさせていただきますので、ご了承願います。

 

学術研究賞受賞者レオナルド・ブリュッセイ氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
17世紀の東アジア海域と三人の冒険商人
開催日時
2019年9月13日(金)/15:00~17:00
会場
福岡市科学館 6F サイエンスホール
対談者
松方 冬子氏(東京大学史料編纂所准教授)
コーディネーター
太田 淳氏(慶應義塾大学教授)

ohta2019.jpg.jpg matsukata2019.jpgグローバルな視野から近世東アジアの海域史を開拓してきたブリュッセイ氏。本フォーラムでは、17世紀初頭にこの海域で活躍した三人の冒険商人(角倉了以、ヤン・ピーテルスゾーン・クーン、鄭芝龍)の事績を通して、その時代の東アジア各地域の状況と相互の連関、そして彼らの活動が残した歴史的遺産について語ります。市民フォーラムにつきましては、8月23日で申し込みを締切としておりましたが、当日受付のお席を用意させていただきます。事前の申し込みは不要ですので、当日は、各フォーラムの開始時間までに直接会場にお越しください。(受付は開始時間の15分前です。)なお、受付が多数となった場合は、先着順とさせていただきますので、ご了承願います。

芸術・文化賞受賞者佐藤 信氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
アジア、演劇、そして人びと:〈出会い〉を組織する
開催日時
2019年9月12日(木)/19:00~21:00
会場
アクロス福岡 B2F イベントホール
パネリスト
高橋 宏幸氏(演劇評論家、桐朋学園芸術短期大学専任講師)
対談者
渡辺 えり氏(劇作家、女優、日本劇作家協会会長)
コーディネーター
内野 儀氏(学習院女子大学日本文化学科教授、東京大学名誉教授)

2019watanabe.jpg 2019takahashi.jpg演出家・劇作家として、現代的感覚と伝統的美意識を融合させた優れた舞台を数多く制作してきた佐藤信氏。本フォーラムでは、前半で演劇評論家・高橋宏幸氏を交え佐藤氏の仕事を振り返り、後半で劇作家、日本劇作家協会会長で女優の渡辺えり氏を迎え、日本の現代演劇の未来やアジアとの国際交流について対談します。市民フォーラムにつきましては、8月23日で申し込みを締切としておりましたが、当日受付のお席を用意させていただきます。事前の申し込みは不要ですので、当日は、各フォーラムの開始時間までに直接会場にお越しください。(受付は開始時間の15分前です。)なお、受付が多数となった場合は、先着順とさせていただきますので、ご了承願います。

 

 

 

歴代受賞者によるシンポジウム

※こちらのイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

「発展するアジアと文化の共存~福岡アジア文化賞、そして歴代受賞者がこれまでの30年間で守り、育て、新たに生み出してきたもの~」をテーマにシンポジウムを開催します。詳しくはリンク先をご覧ください。<注意事項>をご確認のうえ、ぜひお申し込みください!

開催日時
2019年9月10日(火)/15:00~16:30(予定)
会場
福岡国際会議場 2F 多目的ホール(福岡市博多区石城町2−1)

その他のイベント

公式イベント以外のイベントをご紹介します。

福岡アジア文化賞30周年記念 アジアのアーティスト ハイライト展

● 会 期/2019年7月11日(木)~9月24日(火)
● 会 場/福岡アジア美術館(アジアギャラリー)
● 観覧料/一般200円(150円) 高校・大学生150円(100円) 中学生以下無料

本企画は福岡アジア文化賞30年間の歴史を、福岡アジア美術館の所蔵作品で振り返るものです。
タン・ダウ氏(シンガポール)をはじめ、タワン・ダッチャニー氏(タイ)、シュ・ビン氏(中国)、ジュウ・ミン氏(台湾)、ツァイ・グォチャン氏(中国)、ナリニ・マラニ氏(インド)ら芸術・文化賞受賞者の作品を紹介します。詳細は、福岡アジア美術館HPをご覧ください。

 

福岡アジア文化賞 第30回記念パネル展(福岡アジア美術館 アートカフェ)

● 会 期/2019年8月22日(木)~9月24日(火)(予定)
● 会 場/福岡アジア美術館(アートカフェ)
● 観覧料/無料

福岡アジア美術館7階アートカフェで「福岡アジア文化賞 第30回記念パネル展」(入場無料)を開催しています。このパネル展では、100名を超える受賞者の写真やメッセージ、受賞者ゆかりの書籍などを展示しています。キッズコーナーではぬり絵コンテストを開催するなど、お子様にもお楽しみいただけるイベントも実施します。福岡アジア文化賞のことを知っている方も、よく知らないという方も、ぜひご来場ください!

 

福岡アジア文化賞 第30回記念パネル展(福岡国際会議場)

※こちらのイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

● 会 期/2019年9月10日(火)
● 会 場/福岡国際会議場
● 観覧料/無料

ご注意:授賞式、シンポジウムへお申し込みいただき【8月23日(金)申込締切】当選した方のみご覧いただけます。

 

ランドルフ・ダビッド氏 2019年(第30回)福岡アジア文化賞大賞受賞記念上映

● 会 期/9月10日(火)~9月11日(水)
● 会 場/福岡市総合図書館 映像ホールシネラ
● 観覧料/500円(大人)400円(大学生・高校生)300円(中学生・小学生)

9月11日(水)13:45からランドルフ・ダビッド氏の舞台挨拶を予定しています。

ランドルフ・ダビッド氏と親交が深かったフィリピン映画の巨匠マリルー・ディアス=アバヤ監督の代表作を上映します。詳細は、福岡市総合図書館 映像ホール・シネラHPをご覧ください。

 

福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ × 福岡アジア文化賞30周年記念上映

※こちらのイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

 

● 会 期/2019年7月10日(水)~7月15日(月・祝)
● 会 場/福岡市総合図書館 映像ホールシネラ
● 観覧料/500円(大人)400円(大学生・高校生)300円(中学生・小学生)

Rashomon_.jpg今回の企画は福岡アジア文化賞30年間の歴史を、映画の上映で振り返るものです。

歴代受賞者には映画関係者も数多く受賞しています。今回は黒澤明氏、A.R.ラフマーン氏、チャン・イーモウ氏、イム・グォンテク氏、ホウ・シャオシェン氏、アン・ホイ氏にゆかりのある6作品を上映します。詳細は、福岡市総合図書館 映像ホール・シネラHPをご覧ください。

 

 

 

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。