大きく
小さく

文字サイズ:

ニールズ・グッチョウ氏 現地記者会見後、パタン宮殿修復費用への資金提供を確保

gutschow.jpg11月13日、ネパール・カトマンズにて開催されたニールズ・グッチョウ氏の現地記者会見。こちらでもお伝えしていましたが、その後日談として嬉しいニュースが入ってきました。

氏は現在、パタン宮殿の入口部分のムルチョーク修復プロジェクトに取り組んでおられ、そのプロジェクトへの資金提供や寄付の呼びかけを、現地記者会見のなかでPRされていました。


その成果もあってか、記者会見に来賓として来られていたネパールの経済界・起業家より、修復費用として2万ドルの資金提供を確約していただいたそうです。


当記者会見が、現地で活躍されるグッチョウ氏の活動をサポートする一助となれたとしたら、大変光栄に思うとともに、今後の更なるご活躍にも期待したいところです。


グッチョウ氏についての詳細は「第22回福岡アジア文化賞受賞者ページ」をご覧ください。

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。