大きく
小さく

文字サイズ:

タヒミックさん、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012にあわせて来日!

ifugaokayabuki.jpg7月29日から新潟にて開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」。

越後妻有地域の里山を舞台に、3年に1度開催される世界最大の国際芸術祭です。

本年度受賞者のキドラット・タヒミック氏も、このトリエンナーレに参加するために、ただ今来日中。29日のオープニングに間に合わせるべく、妻有にて作業にいそしんでいらっしゃるようです。

2009年に「戦後のラブレター~イフガオの棚田から新潟の棚田へ愛をこめて~」という作品で参加されたタヒミックさん。今回も、イフガオから10名の職人さんを引き連れて、3つの茅葺き小屋を制作中(イフガオにある棚田小屋をそのまま移築)とのこと。

29日まで新潟に滞在して、その後フィリピンに戻るタヒミックさん。今度は8月8日にマニラで開催予定の、福岡アジア文化賞現地記者会見に臨まれます。

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。