大きく
小さく

文字サイズ:

「古典の日推進フォーラムin東京」にドナルド・キーンさん登場

1991keene.jpg

11月1日の「古典の日」の普及を図る「古典の日推進フォーラムin東京」が今月4日、東京・渋谷の国立能楽堂で開かれました。

「古典の日」とは、平安時代に書かれた「紫式部日記」の11月1日付の記述に、源氏物語に関するものがあることから、古典文化に親しむことを目的として、今年の9月に法制化されたもの。

フォーラムには、第2回福岡アジア文化賞受賞者のドナルド・キーン氏や作家の瀬戸内寂聴さんらが招待され、「古典をいだき 古典に抱かれて」という題目にてリレートークが行われました。

そのなかで、キーンさんと源氏物語との出会いや、文法などに特化した現在の高校古典教育のあり方についてなど、幅広いトークが繰り広げられました。

 

【古典の日推進フォーラムin東京】

  • 日時:平成24年12月4日(火) 14時00分~16時30分
  • 場所:国立能楽堂(東京都渋谷区)
  • 「古典の日」推進よびかけ人リレートーク「古典をいだき 古典に抱かれて」
    • ドナルド・キーン(コロンビア大学名誉教授)
    • 瀬戸内 寂聴(作家)
    • 芳賀 徹(東京大学名誉教授)

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。