大きく
小さく

文字サイズ:

早稲田大学芸術功労者顕彰記念「ドナルド・キーン展」

1991keene.jpg

2012年9月に、早稲田大学芸術功労者として顕彰されたドナルド・キーン氏が所蔵する、早稲田大学や演劇と繋がりのある貴重な品々を展示する「ドナルド・キーン展」が、5月21日(火)より、早稲田大学内にある坪内博士記念演劇博物館で開催されています。

展示されているのは、1945年、米軍海軍情報将校として沖縄に出征したときに読んでいたラシーヌの戯曲『PHÈDRE』や、河竹繁俊氏より贈られ た『日本演劇全史』や三島由紀夫氏より贈られた『近代能楽集』、谷崎潤一郎氏や茂山千之丞氏、茂山千五郎氏らの署名などが書かれた寄せ書き書帖など。

キーン氏は、「早稲田とは特別な関係があり大好きな大学で、とても嬉しい」などと、話されました。

 

【ドナルド・キーン展】

  • 会期: 2013年5月21日(火)~8月4日(日)
  • 場所:早稲田大学演劇博物館 六世中村歌右衛門記念特別展示室

 

7月には、演劇講座「文楽と近松」が大隈記念講堂で行われる予定となっています。

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。