大きく
小さく

文字サイズ:

イレート氏、アジア政経学会設立60周年記念国際シンポジウムに参加

2003ileto.jpg

アジア政経学会の設立から60周年を記念する2013年度全国大会において、「広域アジアの市民社会構築とその国際政治的課題」の成果発表を兼ねて国際シンポジウムが開催されました。

【タイトル】

アジア政経学会設立60周年記念国際シンポジウム「境界を越えるアジア研究 -どこから来たか、どこへ行くのか?-」
Asian Studies beyond Borders: Where do we come from? Where are we going?

【日時】

  • 2013年6月16日(日)14:00~17:30
  • 立教大学

 

【報告者/Speakers】

レイナルド・C・イレート(オーストラリア国立大学アジア太平洋学部研究員)
Reynaldo C. Ileto(Research Associate, College of Asia and the Pacific, Australian National University)

アチン・ヴァナイク(前デリー大学政治学部長、社会科学研究科長)
Achin Vanaik (Ex-Head,Department of Political Science;Former Dean of the Faculty of Social Sciences,University of Delhi)

ケル・エリック・ブロスガー(コペンハーゲン経営大学教授、同アジア研究所長)
Kjeld Erik Broedsgaard (Professor and Director, Asia Research Centre,Copenhagen Business School)

高原 明生(東京大学教授、アジア政経学会前理事長)
Akio Takahara (Professor, The University of Tokyo; Ex-President of JAAS)

【討論者/Discussants】

平野 健一郎(東京大学・早稲田大学名誉教授)
Kenichiro Hirano (Professor of Emeritus, The University of Tokyo and Waseda University)        

清水 展(京都大学教授、東南アジア研究所長)
Hiromu Shimizu (Professor and Director, Center for Southeast Asian Studies,Kyoto University)

【司会/Moderators】

竹中 千春(立教大学教授)
Chiharu Takenaka (Professor, Rikkyo University)

清水 一史(九州大学教授)
Kazushi Shimizu (Professor, Kyushu University)

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。