大きく
小さく

文字サイズ:

ナリニ・マラニさん、再びNYへ!

2013nalinima.jpg

今年の受賞者、ナリニ・マラニさんが、本日午前中に福岡アジア美術館で行われた文化サロン終了後、福岡でのすべてのイベントを終えられ、再びNYへ向けて出発されました。

NYでは、2012年夏、ドイツのカッセルで開催されたドクメンタに展示した大型マルチメディア作品「消失した血痕を探して」をメインとする展示会が、Galerie Lelongギャラリーで開催中です。

福岡に来られたのも、この展示会のオープニング・セレモニー後でした。

今回は、今年8月に刊行された「The Shadow play as medium of memory」の著書である、コロンビア大学教授のアンドレアズ・フッセン(Andreas Huyssen)氏と、自身の作品についてディスカッションされるようです。

お忙しい合間をぬって、精力的に各種イベントを通じて、福岡市民のみなさまとコミュニケーションしていただいたナリニさんの、今後のご活躍を期待していますhappy01

福岡アジア美術館で開催の「ナリニ・マラニ特別展示」は、引き続き12月まで開催中です。

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。