大きく
小さく

文字サイズ:

オン・ケンセンさん、来月東京へ!

2010kengsen.jpg

2010年(第21回)芸術・文化賞受賞のオン・ケンセンさんが、来月10月1日(火)に東京で開催される、日本・ASEAN友好協力40周年を記念したシンポジウム「調和するアジア-文化交流の新時代」に参加するため来日されます!

海外の日本理解の基礎となる日本研究を促進し、地域や世界の共通課題に対処するための知的交流を促進している国際交流基金。

日本とアジア諸国との間の文化交流を活性化させ、新しい文化や芸術的価値、さらには知的世界を共同で創造していくべく活動を続けています。

アジア域内ではすでに、映像、演劇、美術、メディア、教育、出版など多くの分野で国を超えた活動の萌芽が見られますが、それらをいかに大きく育てていくことができるのか、また新たなアジアの文化の時代をどのような方向性や姿勢をもって歩んでいくべきか、その具体的な方策について、アジアからパネリストを迎え考えるシンポジウムが開催されます。

そのパネリストの一人がオン・ケンセンさんです。

2010年、福岡アジア文化賞受賞後も、精力的に活動を続け、2013年にはミャンマーにて最新パフォーマンスを実施。2013年5月には、芸術家として初めてシンガポール芸術祭総監督に任命されています。

 

【日・ASEAN友好協力40周年記念 「調和するアジア―文化交流の新時代」】

 

  • 日時/10月1日(火曜日) 午後3時から6時
  • 会場/日経東京本社6階カンファレンスルーム
  • 司会/山内昌之 (東京大学名誉教授/アジア文化交流懇談会座長)
  • パネリスト/野村萬斎 (狂言師/世田谷パブリックシアター芸術監督)佐藤忠男 (日本映画大学学長)クリスティン・ハキム [インドネシア] (女優、映画製作者)他

 

残念ながら、申し込みは先週末で締め切られたようですが、今後のオン・ケンセンさんの活動も要注目です!

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。