大きく
小さく

文字サイズ:

映像ホール・シネラにて「ジャ・ジャンクー監督特集」開催!『プラットホーム』『青の稲妻』を上映!

event2018_jiaz.jpg

 

9月1日(土)・9月2日(日)の2日間、福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3丁目7-1)にて、 2018年 第29回福岡アジア文化賞 大賞受賞記念 ジャ・ジャンクー監督特集が開催されます!(共催:福岡市総合図書館映像ホール・シネラ実行委員会)

 

※いずれも事前申込不要、入場料200円。

【『プラットホーム Platform』 9月1日(土)11:00 / 9月2日(日)14:00】

platform.jpg
プラットホーム Platform』
2000年制作/35mm/カラー/151分
香港=日本=フランス/日本語字幕付き
中国山西省の町・汾陽。4人の幼馴染の若者たちが劇団を作る。80年代半ば、改革開放の自由化の流れの中で劇団の在り方も変わり、4人の関係も不安定になっていく。旅をしながら公演を続ける劇団の10年の軌跡を描いた作品。ヴェネチア国際映画祭最優秀アジア映画賞などを受賞した傑作で、監督は中国インディペンデント映画の旗手として注目された。
※ヴェネチア国際映画祭 NETPAC 賞(最優秀アジア映画賞)、ナント三大陸映画祭グランプリ(金の気球賞)・ナント市賞(最優秀監督賞)、フリブルク映画祭国際批評家連盟賞、国際シネクラブ連盟ドン・キホーテ賞、シンガポール映画祭ヤングシネマ賞、ブエノスアイレス国際映画祭グランプリ 

 

【『青の稲妻 Unknown Pleasures』 9月1日(土)14:30 / 9月2日(日)11:00】

inazuma.jpg
青の稲妻 Unknown Pleasures』
2002年制作/35mm/カラー/112分
中国=日本=韓国=フランス/日本語字幕付き
中国山西省の都市・大同。ダンサーのチャオチャオと19歳のシャオジイ。彼の親友で同じ年のビンビンとユェンユェン。地方都市に暮らす2組のカップルを描く切ない青春映画。変わりゆく社会の中で生きていく若者たちの姿を鮮烈に描いた作品。『プラットホーム』に続きヒロインを演じるチャオ・タオが現代中国の女性をリアルに演じる。
※シンガポール映画祭国際批評家連盟賞特別賞

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。