大きく
小さく

文字サイズ:

福岡市博物館「山笠の力 ハカタウツシ」展

yamakasanotikara.jpg

福岡市博物館リニューアルオープン記念特別企画・九州朝日放送創立60周年事業 「山笠の力 ハカタウツシ」展が11月3日(日)から開催されます。

 

「山笠の力 ハカタウツシ」展

  • 福岡市博物館 特別展示室
  • 平成25年11月3日(日・祝)~12月23日(月・祝)
  • 9時30分~17時30分(入館は17時まで)
  • 月曜日(ただし、11月4日・12月23日は開館)、及び11月5日(火)
  • 一般1,200円、高大生800円、中学生以下無料

 

福岡市で772年にわたって伝えられてきた、福岡を代表する伝統的祭礼、博多祇園山笠。

北部九州には、博多の影響を受けた祭りが100箇所以上でみられ、「ハカタウツシ」という言葉を伝えています。これは京都や江戸などの都の文化が、博多で独自の進化をとげ、北部九州一帯に再び広がっていったことを示す言葉です。

博多がいかに影響力のある都市であったかを証明するものと言えるでしょう。

この展覧会では、博多祇園山笠の歴史と、その影響を受けた各地の山笠資料を一堂に会することで、知られざる博多祇園山笠の力を伝え、郷土の魅力を再発見していただけます。

 


 

福岡アジア文化賞イベントアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で、この「山笠の力 ハカタウツシ展」の招待チケットをプレゼントいたします。

イベント参加・不参加に関わらず、広くご意見を頂戴しておりますので、是非アンケートへご協力ください。

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。