大きく
小さく

文字サイズ:

テッサ・モーリス=スズキ×福岡市美術館「想像しなおし」

in_search_of_critical_imagination.jpg

来年1月から福岡市美術館にて、特別企画展「想像しなおし IN SEARCH OF CRITICAL IMAGINATION」が開催されます。

「ほんとうにそれ以外にないの?」「別の可能性はないの?」と、身のまわりにあるさまざまな枠組みに目を向け、そして、少しだけ疑問をもってみる・・・そんなふうに、現状を疑い別の可能性を模索する、新進気鋭の6人のアーティストを取り上げたグループ展となっています。

そして、この展示会のタイトルである「想像しなおし」は、実は、今年の受賞者であるテッサ・モーリス=スズキさんの著書から取られたフレーズなのです。

展示会の企画が決まり、タイトルを思案していた福岡市美術館担当学芸員の正路さんが、手掛かりを求めて集めた本の中に、テッサさんの著書『批判的想像力のために』があったそうです。

読み進めていくうちに、テッサさんの考え方と展示会のテーマが共鳴。本のなかの「想像しなおす」というフレーズに心を打たれ、そのまま企画展のタイトルとして採用になったとのことでした。

みなさんも、是非この企画展を見に福岡市美術館へと足をお運びください。

 

【想像しなおし IN SEARCH OF CRITICAL IMAGINATION】

  • 会場/福岡市美術館(福岡市中央区大濠公園1-6)
  • 会期/2014年1月5日(日)~ 2月23日(日)
  • 開館時間/9:30 ~ 17:30 (入館は閉館の30分前まで)
  • 休館日/月曜休館 (1月13日(月・祝)は開館し、1月14日(火)は休館)
  • 観覧料/一般1,200(1,000)円、高大生800(600)円

 

もちろん、テッサさんの「批判的想像力のために」を読めば、更に深く楽しめることは間違いありません。

批判的想像力のために IN SEARCH OF IMAGINATION

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。