大きく
小さく

文字サイズ:

中村哲さん、筑紫女学園中学・高等学校を訪問!

school1-main.jpg.jpg

本年度、大賞受賞の中村哲さんが、福岡アジア文化賞公式イベントの一環として、福岡市内にある筑紫女学園中学・高等学校を訪問しました。

9月2日(月)、筑紫女学園を訪れた、医師でペシャワール会現地代表の中村哲さんは、中学・高等学校の生徒約2,070名に出迎えられ、『アフガニスタンに生命の水を~国際医療協力の30年~』という演題で講演を行いました。

 

【筑紫女学園中学・高等学校学校訪問】

  • 演題/アフガニスタンに生命の水を~国際医療協力の30年~
  • 日程/2013年9月2日(月)
  • 参加者/筑紫女学園中学・高等学校の生徒 約2,070名

 

講演は、午前に中学生と高校1年生、午後に高校2年生、3年生を対象に行われ、中村さんは現地での活動をスライドを交えながら紹介。学生時代の思い出や、今の道に進んだきっかけなど、人生の大先輩からのお話に、生徒たちは真剣な表情で聴き入っていました。

その後、高校生の希望者を対象に行行われた懇談会でも、活発な意見交換や哲さんへの質問が飛び交うなど、生徒たちにとって大きな刺激になったようです。

哲さんの生き方や人生経験を直接聞くことができたことは、異なる文化や歴史、様々な生き方を学ぶ、いい機会になったことでしょう。

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。