大きく
小さく

文字サイズ:

インドにてラーマチャンドラ・グハ氏への授賞伝達式開催

guhanotifi.jpg

7月24日、インド・ニューデリーにあるハビタットセンターにて、本年度学術研究賞受賞者であるラーマチャンドラ・グハ氏への授賞伝達式を行いました。

伝達式には、グハ氏の幅広い交流を反映するかのように、「インド独立の父」マハトマ・ガンジーの孫に当たるゴパルクリシュナ・ガンジー氏や、2007年(第18回)福岡アジア文化賞大賞受賞者のアシシュ・ナンディ氏など、そうそうたる顔ぶれが揃いました。

その他にも、在インド日本国大使館から八木毅氏(インド駐在特命全権大使)も駆けつけるなど、多くのご来賓を迎え、グハ氏の受賞を祝いました。

伝達式に先駆けて行われたグハ氏とナンディ氏との記念対談では、これからの文化相互交流について、福岡アジア文化賞や福岡市の役割などについて語っていただきました。(詳細については、後程UPいたします。)

9月に福岡で行われるグハ氏の市民フォーラムでは、今回お越しいただいたゴパルクリシュナ・ガンジー氏の祖父にあたるマハトマ・ガンディーの生涯についてお話いただきます。「世界最大の民主主義国」として注目のインドが持つ不思議な魅力を、グハ氏ならではの取材力と鋭い視点を通じて再発見してみませんか?福岡アジア文化賞各種イベントのお申し込みはHPからどうぞ。

 

guhanotifi3.jpg

 

guhanotifi2.jpg

(※写真右からガンジー氏、ナンディ氏、グハ氏、八木氏、中園福岡副市長)

 

ラーマチャンドラ・グハ氏による市民フォーラムのご案内

タイトル
ガンディーとインド、そして世界
開催日時
2015年9月19日(土)/16:30~18:30
会場
エルガーラ 大ホール

著しい経済成長のみならず「世界最大の民主主義国」として注目されているインド。言語、民族、宗教、カーストなど多様性を抱えながらも大国としての存在を維持し、その不思議な魅力は私たちを魅了し続けています。インド独立運動の父として知られるマハトマ・ガンディーの生涯を、グハ氏が熱く語ります。

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。