大きく
小さく

文字サイズ:

TAP(天神アピチャッポンプロジェクト)始動!

tapimg.jpg

 

2013年芸術・文化賞受賞のタイの映画作家、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督と、福岡の映画人との中長期的な交流をサポートしていくプロジェクト「TAP」(天神アピチャッポンプロジェクト、通称:タップ)がいよいよ動き出します!

「TAP」のテーマは、その名の通り、九州最大の繁華街である「天神」。

天神という地名の由来は、菅原道真公が京の都から太宰府に流される際に水面に映る自分の姿に寄り添う牛に出会い癒された場所からくると言い伝えられています。このお話の骨子を軸にした短編作品を、福岡の映像クリエーターとアピチャッポン監督が、共同で制作していきます。

市民のみなさまからは「菅原道真公」と縁ある「太宰府天満宮」「水鏡天満宮」「とび梅」「雷神」「牛」等々をイメージした写真・映像作品を募集。その後、アピチャッポン監督も参加するワークショップにて、それらの素材を使用しながら短編映像を制作していきます。

TAPのスケジュールは以下のとおりです。
詳細や応募先は、「TAP - Tenjin Apichatpong Project(天神アピチャッポンプロジェクト)」をご覧ください。

 

ワークショップ参加者募集
2015年11月30日締め切り(終了)

アピチャッポン・ウィーラセタクン氏と共同で映像作品を制作するワークショップへの参加者を募集します。参加者は、以下の応募条件をクリアした方のなかから、選考の上、決定いたします。

  • 3日間程度のワークショップに参加可能な方
  • 福岡市出身・在住経験がある方で映像制作経験のある方
  • ワークショップ作品に使用される映像素材を3点以上応募可能な方

ar.png

写真・映像素材募集
2016年1月30日締め切り(終了)

アピチャッポン・ウィーラセタクン氏を迎えて開催されるワークショップにて使用する、写真素材・映像素材を募集します。天神に縁ある地域の映像や、イメージとなる写真・映像素材をお待ちしています。

ar.png

上映イベント:「トロピカル・マラディ」の上映とトークショー
2016年1月30日開催(終了)

福岡市総合図書館映像ホール・シネラにて、福岡初上映となるアピチャッポン監督作品「トロピカル・マラディ」の上映会を行ないます。上映後は、福岡の映画人によるトークショ-を開催致します。

  • 2016年1月30日(土)13:00~17:00
  • 福岡市総合図書館映像ホール・シネラ
  • 申込み不要・入場無料

ar.png

ワークショップ開催
2016年4月15日~17日

アピチャッポン・ウィーラセタクン氏を迎え、福岡市内近郊で、3日間程度の宿泊滞在型ワークショップを開催いたします。皆様から応募いただいた写真・映像素材に、追撮やアニメーションパートなどを加えて短編映像を完成させます。

ar.png

ワークショップ作品上映
2016年4月17日(予定)

ワークショップの最終日には、完成した短編映像をお披露目・上映します。みなさまとの共同制作にて生まれた、アピチャッポン監督の新作映像をお楽しみ下さい。

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。