大きく
小さく

文字サイズ:

テッサ・モーリス=スズキ氏、福岡ユネスコの講演会に参加のため来福

fukuokaunesco.jpg

2015年11月14日(土)、福岡市内にて「平成27年度福岡ユネスコ・アジア文化講演会」が開催されます。

講演者は、2013年(第24回)福岡アジア文化賞学術研究賞受賞者のテッサ・モーリス=スズキ氏。

テッサ氏は、民族や国家の境界を越え、新しい地域協力や市民社会のあり方を構想し続けているアジア地域研究者で、グローバルな知識人としてアジアの人々の相互理解に多大な貢献を為しています。

そんな氏の今回の講演テーマは「生きている歴史、繋ぐ記憶」。歴史とは何か、また歴史を現在に生きるとはどのようなことなのかについて、戦後70年目のいま、あらためて考えます。

講演後には、2013年の授賞式にも駆けつけたテッサさんの盟友、姜尚中氏との対談が予定されています。事前申し込みがなくても当日参加できますので、是非足をお運びください。

 

【平成27年度福岡ユネスコ・アジア文化講演会】

  • 登壇/テッサ・モーリス=スズキ氏、姜尚中氏
  • 日時/2015年11月14日(土)13:30~17:00
  • 会場/電気ビル共創館大会議室(福岡市中央区渡辺通)
  • 入場料/1200円(学生500円)

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。