大きく
小さく

文字サイズ:

アピチャッポン監督、いよいよ来福@TAP

tap_workshop1.jpg

2013年芸術・文化賞受賞のタイの映画作家、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督と、福岡の映画人との中長期的な交流をサポートしていくプロジェクト「TAP」(天神アピチャッポンプロジェクト、通称:タップ)。そのワークショップ参加のため、アピチャッポン監督がいよいよ4月に来福します!

4月15日~17日までの3日間、福岡アジア美術館あじびホールにてワークショップを開催し、福岡の映像クリエイターたちと「天神」をテーマにショートフィルムを共同制作します。

ワークショップの様子は一部公開するとともに、最終日には完成作品を上映!上映後にはアピチャッポン監督のトークショーもあります!

映画界に旋風を巻き起こしている世界のアピチャッポン監督と若き映像クリエイターたちは、私たちにどんな「天神」を見せてくれるのか!?乞うご期待!!

tap_workshop2.jpg

 

ワークショップのスケジュールは以下のとおりです。
 

ワークショップ1日目
2016年4月15日(金)

本日から3日間、アピチャッポン・ウィーラセタクン氏と映像クリエイター10数名が共同で「天神」をテーマにしたショートフィルム作品を制作します。
※共同制作者の募集は既に締め切っています。

ar.png

ワークショップ2日目

2016年4月16日(土)

公開ワークショップ見学

ワークショップを一般公開いたします。共同制作している様子を自由にご覧いただけます。アピチャッポン監督に会えるチャンス!

  • 13:00~17:00の時間内
  • 福岡アジア美術館8F あじびホール
  • 申込み不要・観覧無料(来場者多数の場合は入場制限あり)

ar.png

ワークショップ3日目
2016年4月17日(日)

完成した作品の上映会&トークショー

完成したショートフィルム作品の上映会を行います。上映後には、アピチャッポン監督のトークショーも予定しています。

  • 15:00~17:00(開場14:30)
  • 福岡アジア美術館8F あじびホール
  • 申込み不要・入場無料(来場者多数の場合は先着順で入場制限あり)

 

tap_workshop3.jpg

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。