大きく
小さく

文字サイズ:

中村哲氏、オギュスタン・ベルク氏、第8回KYOTO地球環境の殿堂入り!

2009berque.jpg2013ttnakamura.jpg

2013年福岡アジア文化賞大賞受賞の中村哲氏、および2009年同じく大賞受賞のオギュスタン・ベルク氏が、ダブルで第8回KYOTO地球殿堂入りを果たしました。

KYOTO地球環境の殿堂とは、「京都議定書」誕生の地である京都の名のもと、世界で地球環境の保全に多大な貢献をした方の功績を称えることを目的に2010年に創設された賞です。また受賞者の功績を、気候変動枠組第3回締約国会議(COP3)が開催された国立京都国際会館に展示し、京都から世界に向けて広く発信することにより、地球環境問題の解決に向けたあらゆる国、地域、人々の意志の共有に取り組んでいます。

過去には、ワンガリ・マータイ氏(元ケニア共和国環境・天然資源・野生動物省副大臣)なども受賞。2013年には、第4回殿堂入りとして、2012年大賞受賞のヴァンダナ・シヴァ氏も受賞しています。

第8回受賞者を招いての授賞式および国際シンポジウムは、2017年2月11日(土)に、京都国際会館で行われる予定です。

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。