大きく
小さく

文字サイズ:

パースック氏&ベーカー氏が登壇!「アジアの未来を拓く―九州大学の挑戦―」

poster.jpg

アクロス福岡4階 国際会議場にて9月22日(金)に開催される、九州大学共創学部準備教授会主催のシンポジウム「アジアの未来を拓く-九州大学の挑戦」。

基調講演に2017年福岡アジア文化賞大賞受賞者パースック・ポンパイチット氏(チュラロンコーン大学教授)とクリス・ベーカー氏(独立研究者)が登壇されます。

『歴史的にアジアとの交流拠点であった福岡に位置する九州大学は、これまでもアジアを対象にした研究・教育を活発におこなってきました。本シンポジウムでは、今年の福岡アジア文化賞大賞受賞者パースック・ポンパイチット氏、クリス・ベーカー氏の両氏を基調講演者として迎え、九州大学がアジアの拠点大学の一つとして、アジアが今、直面している様々な課題を解決し、より良い未来を構築するために何ができるかを考えていきます。

両氏は、タイの社会変動を「東洋と西洋の知性の協働」「社会科学と人文科学の融合」という、複眼的で総合的な視点から分析し、学術研究の対象と方法にアジア発の新たな展開と深化をもたらしました。この複眼的かつ総合的な視点は、平成30年4月に九州大学が開設を予定している「共創学部」の理念とも通じるものであり、今回、両氏をお招きして本シンポジウムを開催するはこびとなったものです。

パネルディスカッションでは、東南アジア地域研究・国際政治を専門とする白石隆氏(近著に『海洋アジアvs.大陸アジア―日本の国家戦略を考える』2016年)、フィリピンを主たる研究フィールドとする文化人類学者、清水展氏(近著に『草の根グローバリゼーション―世界遺産棚田村の文化実践と生活戦略』2013年)らをも迎え、多様な観点からアジアとの関係について考えていきます。"九州大学HPより"』

福岡アジア文化賞の公式行事とあわせて、ぜひご参加ください!

 

【アジアの未来を拓く―九州大学の挑戦―】

  • 日時/2017年9月22日 (金) 15:00 ~ 18:30
  • 会場/アクロス福岡4階 国際会議場
  • 入場料/無料
  • 申込方法/※下のサイトより事前にお申し込みください。https://goo.gl/forms/ZbsCWfFeHwqTahy03

 

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。