大きく
小さく

文字サイズ:

福岡アジア文化賞 歴代受賞者およびラモン・マグサイサイ賞受賞者による講演会

2011choulean.jpg

2011年福岡アジア文化賞大賞受賞者で、カンボジアの民族学者、クメール研究者のアン・チュリアン氏をお迎えし、「福岡アジア文化賞 歴代受賞者およびラモン・マグサイサイ賞受賞者による講演会」を開催します。

長年アンコール遺跡群の保存修復・現地での人材養成に取り組んでこられた上智大学アジア人材養成研究センター所長・石澤良昭氏をお招きし、講演会を開催致します。


 

イベント概要

    

タイトル 福岡アジア文化賞 歴代受賞者およびラモン・マグサイサイ賞受賞者による講演会
日時 2018年3月3日(土)13:00~15:00
会場 福岡市役所本庁舎 15階講堂(福岡市中央区天神1丁目8番1号)
プログラム 基調講演1 マグサイサイ賞受賞記念 石澤 良昭氏
基調講演2 第22回福岡アジア文化賞大賞受賞 アン・チュリアン氏
対談 アン・チュリアン氏 × 石澤 良昭氏「福岡アジア文化賞の価値」
参加費 無料
言語 日英同時通訳あり
申込み方法 電話、ファックス、ウェブ申込フォーム、メールにてお申込みください。
電話:092-261-8570(受付時間 09:30-17:30(平日のみ))
ファックス:092-262-0445
ウェブ申込フォーム:こちらからお願いいたします。
メール:ab@projectworks.co.jp
※ファックス、メールでのお申込みの際は「氏名(ふりがな)」「同行者氏名(ふりがな)」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を記載ください。
主催 福岡アジア文化賞委員会
共催 国際交流基金アジアセンター

 

参加者紹介
アン・チュリアン
2017chouleanforum1.jpg カンボジアを代表する民族学者。「カンボジア人によるカンボジア研究」の立場から、長い歴史に立脚した生活文化要素を自らの民族感性で解明し、発表し続けている。さらにアンコール遺跡群の救済事業における国際的枠組みづくりに尽力した功績は大きい。研究者及び遺跡保存の責任者として国際的にも高く評価されている。
2011年福岡アジア文化賞大賞受賞。
石澤 良昭
2017chouleanforum2.jpg 1937年北海道生まれ。 1961年上智大学外国語学部フランス語学科卒業。 専門は東南アジア史、特にカンボジア・アンコール時代の碑刻文学専攻。パリ大学高等学術研究院にて古クメール語碑刻文学を研究。 文学博士。
文化庁文化審議会会長、福岡アジア文化賞選考委員を歴任。2017年、アジアのノーベル賞と言われるラモン・マグサイサイ賞受賞。

 

2017chouleanforum3.jpg

アンコール地域の農村で伝統的占星術について語らうアン氏(2007年)

 

2017chouleanforum_b_mini_3.jpg

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もございます。あらかじめご了承ください。