大きく
小さく

文字サイズ:

ティージャン・バーイー氏の市民フォーラムに村山和之氏、沖田瑞穂氏の登壇が決定!

【2018年8月30日追記】9月22日(土)に予定している、本年度芸術・文化賞受賞者のティージャン・バーイー氏による市民フォーラムは、申込み多数のため受付を終了させていただきました。たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。ティージャン・バーイー氏は、9月20日(木)に開催される授賞式にも登壇します。ティージャン・バーイー氏市民フォーラムへの申込みができなかったという方は、ぜひ授賞式にお申込みください。

 

event2018_teejan.jpg

9月22日(土)16:00~福岡市科学館 6F サイエンスホールで開催される、ティージャン・バーイー氏による市民フォーラム『パンダワーニーの世界:インド古代叙事詩の歌語り』。

ティージャン・バーイー氏は、古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』に基づく歌語りパンダワーニーを現代に伝える第一人者です。 『マハーバーラタ』は、紀元前1000年頃に北インド平原部でいとこ同士の王子たちが激しく戦った戦記で、昨年から日本でも人気を博しているインド映画『バーフバリ』のストーリーにも影響を与えたと言われています。

このイベントでは、パンダワーニーと『マハーバーラタ』の世界をより深く知っていただくため、ティージャン・バーイー氏のパンダワーニーのパフォーマンスに加え、村山和之氏(中央大学および和光大学非常勤講師)と沖田瑞穂氏(日本女子大学家政学部および白百合女子大学非常勤講師、中央大学文学部兼任講師)にご登壇いただくことになりました。

コーディネーターは小磯千尋氏(金沢星稜大学教養教育部准教授)が務めてくださいます。

また、ティージャン・バーイー氏のパフォーマンスの伴奏のために、いつもインドで伴奏を行う楽師5名も来日します。

生演奏をバックに、本場インドさながらの迫力の舞台をお楽しみいただきます。

イベントの詳しいプログラムは、決定次第、当ホームページでお知らせいたします。この貴重な機会をお見逃しなく!

 

講演者紹介
村山 和之 MURAYAMA Kazuyuki
公開研究会「聖者の宮廷講」(2007年~)ならびに「南・西アジア文化照光会議」(2009年~)主宰。中央大学および和光大学非常勤講師。30年来インド~パキスタンを自由に往復し、叙事詩語り・イスラーム修道歌謡・部族慣習法等を研究し、大叙事詩『マハーバーラタ』、悲恋民話『ヒールとラーンジャー』の世界をこよなく愛する。論考に「難民救済の部族法」(中央大学)、主著に『旅の指さし会話帳・パキスタン』(情報センター出版局)、共著に『インド文化事典』(丸善出版)ほか。
沖田 瑞穂 OKITA Mizuho
日本女子大学家政学部および白百合女子大学非常勤講師、中央大学文学部兼任講師。主著に『マハーバーラタの神話学』(弘文堂)、『怖い女 怪談、ホラー、都市伝説の女の神話学』(原書房)、共編著に『世界女神大事典』(共編著、原書房)。論考に「二人の「ファム・ファタル」―デーヴァセーナとゼーヴァヤーニーの物語」『ユリイカ2018年6月号 特集=『バーフバリ』の世界』(青土社)など。

 

コーディネーター紹介
小磯 千尋 KOISO Chihiro
金沢星稜大学 教養教育部 准教授。専門はインドの宗教・文化。研究テーマはヒンドゥー教におけるバクティ思想、マハーラーシュトラ地域研究、インドの食文化。主な著作は『世界の食文化8インド』(小磯学と共著、農山漁村文化協会)、『ヒンディー語のかたち』(白水社)「インド ヒンドゥー教とジャイナ教」(南直人編『宗教と食』(食文化フォーラム32所収、ドメス出版)。

 

ティージャン・バーイー氏 による市民フォーラムのご案内

タイトル
パンダワーニーの世界:インド古代叙事詩の歌語り
開催日時
2018年9月22日(土)/16:00~18:00
会場
福岡市科学館 6階 サイエンスホール
出演者
ティージャン・バーイー氏(パンダワーニー奏者)
村山 和之氏(中央大学および和光大学非常勤講師)
           沖田 瑞穂氏(日本女子大学家政学部および白百合女子
          大学非常勤講師、中央大学文学部兼任講師)

インドの2大叙事詩の1つ『マハーバーラタ』は、紀元前1000年頃に北インド平原部において、いとこ同士で戦った王子たちの戦記です。ティージャン・バーイー氏は、その様子を歌語りにしたパンダワーニーを現代に伝える第一人者です。氏が「エクタール」という三味線のような弦楽器を手に、伴唱者とともに朗々と歌い上げると、まるで戦を目の当たりにするような臨場感に包まれます。ティージャン・バーイー氏は、先住民であり女性であることで、二重にインド社会から差別されてきた中で、類まれな天賦の才と強い意志をもって歌い続け、女性や虐げられた人々に勇気・希望と励ましを与え続けてきました。
※ティージャン・バーイー氏によるパンダワーニーのパフォーマンス、村山和之氏と沖田瑞穂氏による講演等が行われます。
※講演は日本語及びヒンディー語で行われます(日本語への逐次通訳有)。

ここに掲載されている情報は、公開日当時の情報です。その後変更になり今現在の情報と異なる、あるいは外部サイトへのリンク切れの可能性もあります。あらかじめご了承ください。