大きく
小さく

文字サイズ:

福岡アジア文化賞とは

アジア文化賞について

福岡アジア文化賞とは

アジアは、多様な民族、言語、文化が共に生き、交流する世界です。その多様な文化は、長い歴史と伝統を守り抜くだけでなく、新しいものをも生み出してきました。

今、グローバリゼーション時代の到来により、文化面にも画一化の波が押し寄せ、アジア固有の文化が失われていく恐れがあります。このような時代にこそ、独自の文化を守り、育て、共生を進める必要があります。

福岡は、古くから日本の窓口として、アジア諸地域との交流において重要な役割を担ってきました。このような福岡の特性を踏まえて、アジア地域の優れた文化の振興と相互理解および平和に貢献するため、1990年に市、学界、民間が一体となって福岡アジア文化賞を創設しました。以来、多くの素晴らしい受賞者に賞を贈り、その広がりはアジアのほぼ全域にわたっています。

未来へつながる文化交流とは、長い歴史と伝統をもつ固有の文化を保存、継承するのみならず、変化の中から生まれようとする新しいものにも目を向け、尊重し、そこから学びながら新たに創造していくことであり、福岡市は、市民と共にアジアの文化交流都市を目指しています。

この賞を通じて、私たちは市民と共に、アジアの学術・芸術・文化に貢献した人々に敬意を表し、アジアの固有で多様な文化の価値を、これからも都市の視点で広く世界に伝えていきたいと考えています。

これまでの歩み

1989年
「アジア太平洋博覧会~よかトピア」開催
1990年(第1回)
「アジア太平洋博覧会~よかトピア」の精神を継承して「福岡アジアマンス」がスタート。その中心事業のひとつとして「福岡アジア文化賞」を創設
1999年(第10回)
青少年への理解を深めていくため、受賞者による学校訪問を開始
2003年(第14回)
秋篠宮紀子妃殿下、翌年度より秋篠宮殿下もお成り
2006年
2001年(第12回)大賞を受賞したムハマド・ユヌス氏がノーベル平和賞を受賞
2006年(第17回)
第17回より、授賞式の開始時刻を18時に変更したことに加え、広報努力等により行事への市民参加が倍増(2000人→4000人) 
2009年(第20回)
20周年を迎える
2009年(第20回)
20周年記念事業としてムハマド・ユヌス氏の講演、侯孝賢氏(第10回大賞)とアン・ホイ氏(第19回大賞)によるアジア映画監督フォーラムを開催
2012年
2006年(第17回)大賞を受賞した莫言氏がノーベル文学賞を受賞
2014年(第25回)
25周年を迎える

年間スケジュール

1月下旬~2月上旬
学術研究賞選考委員会および芸術・文化賞選考委員会を開催し、有力な候補者を絞り込む
3月上旬
福岡アジア文化賞審査委員会を開催。業績等を考慮して総合的に検討の上、有力候補者の中から4名以内で受賞者を内定
6月上旬
本年度の受賞者が、賞の運営母体である福岡アジア文化賞委員会による承認を経て、正式決定。同日記者発表
6月~9月
日本国内および海外での、当賞および福岡市の知名度向上を目的に広報活動を行う
9月中旬
本年度の受賞者を福岡へお招きし、授賞式、市民フォーラム、学校訪問など各種イベントを開催

ロゴマークについて

アジア世界は完結し、循環する総体として捉えられます。したがって、全体は円または円に近い楕円形となって表れます。その中心となるものは精神的エネルギーです。精神的なエネルギーとは、太古よりすでにあった未知なるものですが、非理論的に信頼されるもので、常に渦のように漂っています。

そして、その世界を構成する要素は2つに分かれます。万物の生命を養う緑の大自然と、人々の混沌とした強大な情熱や活動です。前者は世界の受け皿としての大地、後者は赤いエネルギーの天蓋となって表れます。アジアは制御しきれぬ人のエネルギーと他の要素を、調和させてしまう独自の世界なのでしょう。