大きく
小さく

文字サイズ:

2012年(第23回)芸術・文化賞受賞/クス・ムルティア・パク・ブウォノ

クス・ムルティア・パク・ブウォノ顔写真
2012年(第23回)芸術・文化賞
クス・ムルティア・パク・ブウォノ
G.R.Ay. Koes Murtiyah Paku Buwono
宮廷舞踊家(スロカルト王家教育文化財団代表、スロカルト王家文書局長)
【インドネシア/舞踊】
1960年11月01日生(51歳)

クス・ムルティア・パク・ブウォノ氏は、中部ジャワのマタラム王家に伝承されてきた宮廷舞踊の継承者である。氏は幼少よりジャワ文化を深く学び、300年に及ぶ伝統的宮廷舞踊を広く世に紹介するとともに、中部ジャワ伝統文化の保存と発展のための努力を続け、舞踊家として国際的にも高く評価されている。

※肩書き・年齢・経歴・贈賞理由などは受賞当時のものです
【贈賞理由】

クス・ムルティア・パク・ブウォノ氏は、中部ジャワのマタラム王家に300年余りに亘って伝承されてきた宮廷舞踊の継承者である。幼少よりジャワ文化を深く学んだ氏は、伝統ある宮廷舞踊を広く紹介するとともに、中部ジャワ伝統文化の保存と発展のための努力を続け、国際的にも舞踊家としての評価を高めた。

ジャワのマタラム王家は後にソロのスロカルトとジョクジャカルタの2王統に分離して衰退し、さらには押し寄せる近代化やグローバリゼーションの潮流の中にあって多くの困難な課題を抱えながらも、クス・ムルティア氏は、ガムラン音楽、舞踊、影絵芝居、さらには宗教儀礼などの伝統文化を守り続け、若い世代への継承にも尽力してきた。

今日、中部ジャワ文化を代表する存在といえるクス・ムルティア氏は、スロカルト王家の王女として1960年に生まれた。氏は、宮廷に伝承されてきた舞踊を幼時より学び始め、その才能を早くから認められてきた。王家の一員として成長しながら、社会や経済が近代化していく中での伝統文化の存続について深く懸念し、1982年よりスブラス・マレット大学でジャワ文学を専攻し、ジャワ文化の知識を拡げていった。

また、中部ジャワ宮廷文化の存続と社会的理解を得るため、ジャワ宮廷にかつて秘曲として伝承されていたガムラン音楽スリンピ・ソンゴバディを録音してCD化し、その刊行に努力した。さらに、ジャワのみならず日本、香港、ヨーロッパやアメリカでも宮廷舞踊と大編成ガムラン音楽演奏の公演に尽力し、国内外におけるジャワ宮廷音楽への理解を広げて高い評価を受けるにいたった。つとに注目を集めていたバリ島の歌舞に並び、ジャワの伝統文化が国際的に広く認知される契機をつくったその功績は大きい。

これらの活動に加え、インドネシア国民協議会議員として、伝統文化の保存をはじめとする文化行政にも尽力している。このような業績、努力が認められ、スロカルトの王より、宮廷舞踊の保存と発展に関する総括責任者にも任命されている。

自らも優れた舞踊家であり、後継者の育成を通じてジャワ古来の文化の保存と発展にも尽力するクス・ムルティア・パク・ブウォノ氏の功績は、まさに「福岡アジア文化賞-芸術・文化賞」にふさわしい。

幼少時代、家族とともに(1964年)
幼少時代、家族とともに(1964年)
スロカルト王家66周年記念ラーヤーヤナ公演(左から3人目, 2011年)
スロカルト王家66周年記念ラーヤーヤナ公演(左から3人目, 2011年)
家族とともに(2012年)
家族とともに(2012年)

クス・ムルティア・パク・ブウォノによる市民フォーラムのご案内

タイトル
ジャワ・スロカルト王家のガムランと舞踊~伝統の源(みなもと)から世界に向けて~
開催日時
2012年9月15日(土)/13:30~15:30
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
司会進行・対談者
田村史子(筑紫女学園大学准教授)
監修
藤井知昭(国際文化研究所所長)
楽器提供・協力
筑紫女学園大学

インドネシア、中部ジャワの王家に代々伝承されてきた、宮廷舞踊の後継者であるムルティア氏。氏が率いる宮廷舞踊・演奏団は、これまで日本を含む世界中の名のある芸術祭等で数々の公演を行い、喝采をあびてきました。

市民フォーラムでは、田村史子(筑紫女学園大学准教授)氏をナビゲーターにお迎えして、ムルティア氏による解説を交えながら、本場の宮廷舞踊やガムラン演奏をご鑑賞いただきました。普段は指導にまわられることの多いムルティア氏の実演が生で見られるとあって、多くの市民のみなさまにお集まりいただきました。

関連書籍・CD他

中部ジャワ/ソロ、ススフナン王宮のガムラン
中部ジャワ/ソロ、ススフナン王宮のガムラン
【音楽CD】
発売日/2008年07月09日
出版元/キングレコード
音の世界遺産 中部ジャワ・ガムランの巨匠
音の世界遺産 中部ジャワ・ガムランの巨匠
【音楽CD】
発売日/1999年08月06日
出版元/キングレコード

関連記事

2012-11-09
クス・ムルティアさん、現地記者会見(@インドネシア)
2012-09-14
クス・ムルティアさん文化サロン観覧募集のお知らせ
2012-09-03
特集サイト「FOCUS on」ムルティアさんページ公開!
2012-07-19
クス・ムルティア・パク・ブウォノ氏からのビデオ・メッセージ
2012-06-04
中部ジャワ/ソロ、ススフナン王宮のガムラン