大きく
小さく

文字サイズ:

2008年(第19回)大賞受賞/アン・ホイ

アン・ホイ顔写真
2008年(第19回)大賞
アン・ホイ
Ann HUI
映画監督
【香港/映画】
1947年05月23日生(61歳)

香港のみならずアジアを代表する映画監督。幅広いジャンルで多くの話題作を発表して香港映画界を牽引するとともに、社会的な問題にも鋭く踏み込んでいる。また、アジアの女性監督のパイオニアとしての功績も大きく、国際的にも高い評価を受けている。

※肩書き・年齢・経歴・贈賞理由などは受賞当時のものです
【贈賞理由】

アン・ホイ氏は、現代の香港映画を代表する監督である。特にアジアの女性監督のパイオニアとしての功績は大きく、手がけるテーマの社会性、ジャンルの幅広さ、優れた演出力などの点で圧倒的な実績を残しており、世界の映画界の最も重要な人物のひとりである。

アン・ホイ氏(本名:許鞍華)は1947年、中国・遼寧省鞍山で、中国人の父と日本人の母との間に生まれ、幼少時に香港に移住した。香港大学を卒業後、英国にて2年間の映画専門教育を受けて香港に戻った。その後、武侠映画の巨匠キン・フー(胡金銓)監督の助監督を務めるとともに、テレビ・ディレクターとして数々のドキュメンタリーやドラマを手がけた。1979年に『瘋劫(ふうきょう)』(英題:ザ・シークレット)で映画監督としてデビュー。ツイ・ハーク(徐克)、パトリック・タム(譚家明)らの新鋭とともに“香港新浪潮”(香港ニューウェーブ)の旗手として創作活動を開始した。香港新浪潮は、ほぼ同時期に東アジア各地で巻き起こったニューウェーブとも呼応しあい、アジアの映画、ひいてはアジアの芸術・文化の興隆を世界に向かって強く発信することとなった。

アン・ホイ氏の作風は、第一に、ベトナム難民をはじめとする時事的な話題から高齢者の孤独、認知症、ジェンダーまで、つねに“いま”を強く意識した題材を取り上げる点に大きな特徴がある。とくに越境、流浪、故郷喪失といった、香港人にとって極めて切実なテーマが、多くの作品のなかで中心的な位置を占めている。『客途秋恨(きゃくとしゅうこん)』では、越境と故郷喪失のテーマを自らの切実な物語として語っている。

第二に、ホラー、コメディー、歴史叙事詩からラブストーリー、ホームドラマまで、特定のジャンルに固執せずに横断する幅の広さに特筆すべき特徴がある。実験的な映像表現を用いたホラー映画であるデビュー作『瘋劫(ふうきょう)』から、自らと同世代の中高年女性に焦点を当て、その日常生活を淡々と見すえた『おばさんのポストモダン生活』などの近作まで、どの作品においても高水準の演出力を発揮して豊かな感受性を体現するとともに、幅広い観客層から支持される平易な語り口と娯楽性を保っており、その点が卓越した才能の証左となっている。

このようにアン・ホイ氏は1980年代から今日に至る香港映画の発展に多大な貢献をしてきたが、その作品は社会的な問題に鋭く踏み込み、内容の普遍性とそれを支える演出力の両面で、世界の映画人のなかでも特に高い評価を受けており、まさに「福岡アジア文化賞―大賞」にふさわしい。

アン・ホイによる市民フォーラムのご案内

タイトル
女性のフレキシブルな感性は国境を越えて
開催日時
2008年9月13日(土)/13:30~16:35
会場
アクロス福岡地下2Fイベントホール
司会
石坂健治(東京国際映画祭アジアの風プログラミング・ディレクター)
対談者
高樹のぶ子(作家)

「映画と文学の世界」と題して、大賞受賞者のアン・ホイ氏と高樹のぶ子氏の対談が実現。映画監督から見た文学の世界、小説家から見た映画の世界を話しながら、多くの共通点を見出した、参加者にも興味深い対談を紹介しましょう。

関連書籍・CD他

桃さんのしあわせ
桃さんのしあわせ
【DVD】
発売日/2013年05月10日
出版元/パラマウント ホームエンタテインメント ジャパン
アジア映画の森ー新世紀の映画地図
アジア映画の森ー新世紀の映画地図
【書籍】
発売日/2012年5月31日
出版元/作品社

関連記事

2013-06-11
桃さんのしあわせ
2012-10-15
アン・ホイ監督最新作「桃(タオ)さんのしあわせ」公開
2012-06-13
アジア映画の森ー新世紀の映画地図