イベント

  1. イベント案内
  2. イベント
    レポート

イベントレポート

2021年(第31回)福岡アジア文化賞授賞式

写真1:2021年(第31回)福岡アジア文化賞授賞式
開催日時
2021年9月29日(水)/18:30~19:15
会場等
オンライン配信(YouTubeライブ配信)
 プロジェクションマッピングと連動した華やかなオープニング映像で、壮大に幕を開けた福岡アジア文化賞授賞式。昨年の延期を経て開催された今年の授賞式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため関係者のみで執り行い、海外受賞者は自国からオンライン出席となりました。その様子はライブ配信され、秋篠宮皇嗣同妃両殿下を始め、国内外の多くの方々にご視聴いただきました。

 式典では、まず初めに受賞者の紹介があり、大賞のパラグミ・サイナート氏と芸術・文化賞のプラープダー・ユン氏がスクリーン上、学術研究賞の岸本美緒氏が会場ステージに登場。アジア文化の保存と創造に貢献した3名が勢揃いすると、会場は祝福の拍手で包まれました。

 次に主催者を代表して髙島宗一郎福岡市長が挨拶。「多様性がより重視されるこれからの時代において、アジア地域の多様な文化と価値を広く伝える福岡アジア文化賞の役割は、これまで以上に重要なものとなっていく」と述べました。

 続いて秋篠宮皇嗣殿下より、ビデオメッセージでお祝いのおことばを賜りました。

 受賞者の輝かしい功績が映像で紹介された後は、髙島市長と谷川浩道福岡よかトピア国際交流財団理事長より、賞状とメダルが授与されました。サイナート氏及びプラープダー氏にはスクリーン越しに、岸本氏にはステージ上での贈呈となりました。
 
 続いて受賞者スピーチでは、各々が視聴者に向けて感謝の言葉と素晴らしいメッセージをおくり、インタビューでは、和やかな雰囲気の中、受賞者の熱い想いや人柄が感じられるエピソードなどが語られました。

 最後に改めて受賞者がスクリーンとステージに登場。関係者や多くの視聴者に見守られる中、花束が贈呈されました。オンラインという新しい形で国内外へ届けられた第31回福岡アジア文化賞授賞式は、会場に華々しく紙吹雪が舞う中、感動のうちに幕を閉じました。

つづきを見る

2021年福岡アジア文化賞市民フォーラム

2021年福岡アジア文化賞学校訪問

トップに戻る