イベント

  1. イベント案内
  2. イベント
    レポート

イベントレポート

2019年(第30回)福岡アジア文化賞授賞式

写真1:2019年(第30回)福岡アジア文化賞授賞式
開催日時
2019年9月10日(火)/18:30~20:00
会場等
福岡国際会議場 3F メインホール(福岡市博多区石城町2-1)(外部リンク)
 歴代受賞者の紹介映像が大きなスクリーンに映し出され、幕を開けた第30回福岡アジア文化賞授賞式。会場である福岡国際会議場メインホールには、秋篠宮皇嗣同妃両殿下ご臨席のもと、各国ご来賓や各界関係者、アジア文化の発展に多大な貢献をした受賞者を祝おうと多くの福岡市民が一堂に会しました。

 大きな拍手に迎えられ受賞者がステージに登場。まず初めに主催者代表である髙島宗一郎福岡市長が登壇し、この賞を福岡市の交流と多様性を支える都市の財産として後世へ引き継いでいくことができるよう取り組みたいと挨拶しました。続いて秋篠宮皇嗣殿下よりお祝いのおことばを賜り、審査委員長の久保千春九州大学総長による選考経過報告を経て、髙島市長と藤永憲一福岡よかトピア国際交流財団理事長より賞状とメダルが授与されました。最後に福岡インターナショナルスクールの子ども達からお祝いの花束を贈られると、厳かな雰囲気から一転、受賞者にも観客にも笑みがこぼれ、会場はお祝いムードに包まれました。

 第2部はサンドアーティスト伊藤花りん氏による祝賀パフォーマンスで開幕。受賞者による喜びのスピーチが行われた後は、インタビューの場も設けられました。

 最後に結城座十二代目結城孫三郎氏による伝統芸能「江戸糸あやつり人形」が特別披露されました。うち一つは受賞者の佐藤信氏が構成・演出、モデルの故・山口小夜子氏が人形デザインを手掛けた演目。和紙製の美しい人形が、まるで生きているかのように動き出す姿に会場中が引き込まれ、佐藤氏演出の世界へと誘われました。

 一段と華やかで感動的な雰囲気に包まれながら、第30回という節目にふさわしい授賞式は、幕を閉じました。

つづきを見る

2019年福岡アジア文化賞市民フォーラム

2019年福岡アジア文化賞学校訪問

その他のイベント

トップに戻る